読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

家のことなど

壁が高くなって、屋根にも鉄筋がはいりました

改装中の家の進行具合を記録しておきます。 土曜日に撮った写真です。 この一週間で、庭にアネックスのような形で出てる部屋の壁が高くなり、屋根にも鉄筋が入ってました。細長い部屋なんだけど、高さが出ることで、広く感じられるはずです。壁を高くするこ…

屋根も壁も無くなって

家の改築の更新をしておきます。 大風などの悪天候の中、作業は続いています。 先週の現場。 屋根が大風でぶっ飛んだ状態?ではなく、予定通り、屋根が取り除かれました。 家の中から外を見た様子。 これで、二つの壁が取り除かれた(正確には、ひとつはまだ…

改装工事、やっと始まりました

去年の11月以来、家の改装の件について触れてませんでした。 あのとき(そのときの記事はココ)は、いったん決めてた工務店に頼むのはやめることにしたところで、がっかりして記事を書いたのですが。 実は、あれから急展開!12月の初めに見積もりを出してく…

マンディのできもの、そして、家の改装のごたごた

さて、冬時間に戻り、すっかり、日が暮れるのが早くなってきたマン&ステ地方です。 もういつのまにか、11月になってしまいました。 先週の木曜日、マンディのまぶたの裏側にできたできものの件で、再度獣医さんを訪れました。 前回処方された抗生物質をし…

マンディとステラの秋、そして工務店が決まりそう

いよいよお天気がジメジメの秋っぽくなってきた、マンディとステラの地方。 日もどんどん短くなってきて、クリスマスまであと3ヶ月。いつもの公園も、もう7時前に閉門です。前にも書いたけど、今年はやけに時間が経つのが早い。 マンディもステラも、元気…

今年中に改築引越しはムリそう、そして、マンディの右前脚

先週の木、金と、いいお天気で気温も20度を超えたけど、今日、日曜日はすでに、どんより、しっとり、ひんやりのロンドンです。もう、9月も半ばだし、年末も遠くはありません。天気が教えてくれます。 今年は特に時間が経つのが早い、というのも、引っ越し…

ブルーノくん、そして、改築のことなど

夏も、いよいよ真っ盛り。 なのに、夏休みの予定もなく、家のことなどで、落ち着かない毎日です。 それはともかく、先週の土曜日、マンディの子犬のときからのお友達のブルーノくんが、ママとお姉ちゃんといっしょに、次の家に遊びに来てくれました。 ブルノ…

元気だけど、家のことなどで忙しくなってきてます

あらら〜、気が付いたら、2週間以上もブログを放置してしまいました。 ウィンブルドンのテニスを見てる方はご存知かもしれませんが、このところ、夏らしい陽気が続いてるイングランドです。 写真は、毎日お散歩へ出かけてるリッチモンドパークのリッチモン…

まだまだ、プランの段階です。

次の家のことですが、いま、ラフ・スケッチとやらの段階で、アーキテクトの会社の人たちに、いくつかの案を描いてもらいました。 そのなかで、どれがいいか決めるために、昨日、日曜日にH(オット)といっしょに、マンディとステラも連れて、家に行ってきま…

*連絡事項*引っ越しは、先になりそう(涙

日本の友達やいとこのTちゃんたちへの連絡事項を、まとめてここに書いておきます。 なので、いつものマンステ・ファン(って、いないかな、笑)や、お馬さんのことが目当てで立ち寄ってくださった方は、スルーしてくださいね。 って、それだけじゃ、なんなの…

大きなドッグ・ベッド(じゃなくて.....)

見てください、このステラの得意げな顔! ステラ:みて、みて!ワタシのあたらしいベッドです〜! ステラ:きにいってます! あのね、それは、人間用なの。 (つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)

まさに、ナイトクラブの用心棒!

わたしはクラビングをする世代からはほど遠いですが、ナイトクラブの入り口に立ってる人と言えば、バウンサー(用心棒)ですよね? 背か高くて、横幅もあって、黒いスーツを着てて、って。 (写真はよそからお借りしました) 唐突な出だしになってしまいまし…

怒鳴り散らす不動産屋

マンステ家がこのたび買った家は、サリーとロンドンの境界線のあたりのサリー側にあります。 ロンドンのウォータールー駅まで、電車で20数分くらいです。 エドウァード朝時代の建物で、玄関や階段には、ステンドグラスがあるんですよ。 M25内だし、ロン…

ようやく家の鍵を手に入れました

今日は家の話を少し。 その前に、昨年末に苦難の末(?)ようやく鍵を手に入れた家で、マンディとステラが、ごあいさつをしたいそうです。 せっかくなので、エドワード朝時代のオリジナルの暖炉(今は機能してません)の前で。 マンディさんは、なぜか、ちょ…