読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

観劇

楽しすぎる! ザ・カー・マン (マシュー・ボーン)

ギエムのパフォーマンスを観たことを書いたので、その前の週に観た、ニュー・アドヴェンチャーズの The Car Man のことも、ささっと書いておきます。 リンク先の静止画面の右下の、Play clip という赤いボタンを押すと、映像が見れます。 会場は、おなじみ、…

シルヴィー・ギエム 進歩を続ける人生!カッコイイ

さて、もう、8月になってしまいましたね。 マン&ステ地方は、先週はちょっと寒くなったりして変なお天気が多かったのですが、週末から今日月曜日にかけては、また、ちょっと夏らしい日差しが感じられましたよ。 日曜日には、トラファルガー広場近くの、ロ…

マシューボーンの、男の白鳥

さて、これまた先週のことになってしまいますが、水曜日にマチネで、「白鳥の湖」を見ました。 と言っても、普通のバレエではありません。 マシューボーンの、男性の白鳥です。 わたしは、バレエに関する知識はないのですが、見るのは大好きで、特に、この「…

ウォー・ホース(舞台)とナーサリーズ・カフェ

Mさんの帰国時の前日の夜は、ニュー・ロンドン・シアターで上演中の、「ウォー・ホース」を観にロンドンまで出かけました。 (写真、お借りしました) 馬の人形がとてもよくできているとの評判で、期待満々だったのですが、期待を裏切ることのない、素晴ら…

マシュー・ボーンのくるみ割り

今年も残りわずかですね。時間の加速度がましてくる、今日この頃。 さて、クリスマスや新年をひかえたこの時期は、やはり、くるみ割り人形のひとつも観たくなります。 昨日はサドラーズ・ウェルズでマシュー・ボーンのくるみ割りを観てきました。 とは言った…

ギエム「被災地の方々を励ましたい」

シルビィ・ギエムの日本公演が始まっています。 日本での公演をキャンセルする海外アーティストがいるなか、キャンセルどころか、あえて、追加で福島でも公演をすることにしたそうですね。 2005年以降、代表作のひとつであるのボレロは封印されていまし…

もう一度、シルヴィ・ギエム@Sadler's Wells

アップするのが遅れましたが、先週の土曜日、もう一度ギエムを観に、サドラーズ・ウェルズ劇場まで行ってきました。 同じ演目ですが、今回は、Hも一緒です。 なんだか、彼女の年齢を考えると、もうそんなに見られないかも、と思い、つい、チケットを買って…

マリインスキー・バレエの白鳥の湖

ロシアのマリインスキー・バレエ(ソ連時代には、キーロフ・バレエと呼ばれていた)が今、コベントガーデンのロイヤルオペラハウスで上演中。 昨日、夜7時半からの白鳥を観に出かけた。 チケット売り場では当日券に長い列ができていた。やっぱりロシアのバ…

シルヴィー・ギエム 6000 miles away@Sadlers Wells Theatre

観てきました!シルヴィ・ギエム。 衰えを全く感じさせないパフォーマンスでした。 46歳になっても、常に、新しいモダン・ダンスにチャレンジしていく姿は見事です。 また、若いころと変わらない体型を保っているのも、素晴らしいです。 本人はアスパラガ…

Hope for Japan シルヴィ・ギエム

今日も、4月には珍しい、夏日のような、とってもいいお天気でした。 明日から、イースターホリデー、月曜日までお休みです。 そして、来週の金曜日がロイヤル・ウェディングで祝日になること、また、天気もよくなりそうなことから、来週の火曜日から木曜日…

ロイヤル・バレエ シンデレラ

昨日はお散歩に早めに出かけた。 今日の午後12時半からのバレエのチケットを数ヶ月前から買ってある。 出かける前にたっぷり歩かせておかなくてはならない。 公園には、いつもより早い時間だったためか、さらに沢山の犬がいた。 例えば、普段は、ボーダー…

上出来のコメディ CLYBOURNE PARK

先週の土曜日3月26日は、オックスフォード大とケンブリッジ大のボートレースの日でもあり、また、緊縮財政と公費支出削減に抗議する大規模なデモがロンドン中心部で行われた日でもあった。 当然、電車や地下鉄、道も混む。 テームズ川は家から近いため、…

アメリカン・バレエ・シアター お留守番

今日は、アメリカン・バレエ・シアターを観に、Sadler's Wells へ出かけた。 この劇場は、ダンスやバレエなどを良心的な値段で見せてくれる。 昨年の6月に、海老蔵がロンドン公演に来たときにもこの劇場でやったが、もちろん観に行った(2回も)。 バレエ…