読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

若くてきれいな男子に引き寄せられる、マンディ

もうすぐ3月。来週は、クラフツ(Crufts)なんですね。 毎年同じ時期に、バーミンガムで開催されます。 マンディ:え?まいとし?どうして、ワタシはよばれないのですか? そんなにビックリした顔をしなくても...。 ......マンディはお呼びじゃないの、別世…

フラットの魅力

FCR

スーパーの雑誌コーナーで目に付いた、この表紙。 田舎の大きな不動産物件の広告がたくさん出ている雑誌ですが、この週の特集は、なんと、フラットコート。 表紙には若いレバーの子がしっかりとポーズをとっています。 お屋敷暮らしには縁が無いけど、迷わず…

マンディと、ピクニック

明日からイースター・ホリデーだというのに、ますます気温が低くなり、冷え込みそう。 先週の初夏のような気温がウソのよう。一度暖かくなったためか、かなり肌寒く感じます。 公園についたときには10度以下で、しかも太陽が出ていないため、ますます冷え…

フラット、そして馬

ここのところ、ドンヨリ天気だけど、一昨日も昨日もなんとか雨には降られないでお散歩ができた。 先週の金曜日には、自転車に乗った女性がフラットの男の子を連れて走っているのを見かけた。 とてもきれいにグルーミングされていて、つやつやのコート。 まだ…

ビューティフルな、レバーの男の子

FCR

馬屋見学のつづき。 3つ目を見終わって、出口に向かっていたら、ジャックラッセルと、なんとレバーのフラットが、いま停まった車から出てきたところでした。 そのフラットの男の子が、うっひゃー、絵に描いたように、とっても、きれいな子。 声をかけると、…

Crufts展で、トップに輝いたJET君とブリーダー&ハンドラーJIMさんの、素晴らしい写真

FCR

もう何日も経ってしまいましたが、このリンクの中にある4枚の写真は、何度見ても、ため息が出るほど素晴らしいです。 最高のフラット君ですね。 (JiMさんは、オーナーではなく、ブリーダー兼ハンドラーでしたので、タイトルを訂正しました。失礼しました。…

フラットはフリスビーは控えた方がいい?

FCR

ラブと違い、「投げては取らせるフリスビーは狩猟本能を過度に刺激し、テンションの高いフラットにはストレスがかかりすぎる。」ということです。 マンディの場合、確かにあまりにも真剣なので、ちょっと心配になるくらい。 やっぱり、あの執拗な執着心は、…