読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

えっ、置いてけぼり!??

こんにちは!マンディで〜す。
日本には、梅雨とかいう、大雨がたくさん降っているときがあるんですってね。
ワタシ、個犬的には、雨の方がいいな〜。
昨日はロンドンは日差しが強くて暑かったので、お昼近くのお散歩は黒ワンの私にはちょっと辛かったです。



まったく、朝早く出かけたかったのに、マミー・Kがノロノロしているので、11時を過ぎてから歩き始めたんですよ。
ワタシは毛皮を着ていますからね、アツイ、アツイ。
それで、休けいがしたくって、木陰のサラダをハミハミしていたんです。
Kはザッソウって言っていいるけど、ワタシにとってはグリーンサラダ。
マミー・Kが何度も呼んでいたのは聞こえたんだけど、あんたのせいだからって、無視、無視。
で、夢中で食べていて、ふと気が付いたら、Kったら、ステラを連れて先に行ってしまったんです。
ドコを見回しても、イナイ!
え〜っ、なんてこと!そんなこと、ちゃんとした飼い主さんならできないはずですよね?ね?ね?ね?
大体、ワタシが悪い奴に盗まれて、売りとばされちゃったら、どうするんでしょう!?
きれいな犬を盗んでパブとかで売っているヤツがいるとかって、聞いたことあるし。


急いで遠くまで走ってみたけど、やっぱりいない!
それで、またサラダの場所に戻ってみたら、やっぱり思ったとおり、サラダ園の目の前にある、シーン・コモンと言う小さな森の入り口のゲートの反対側で、恐い顔をして待っていたワン。
そのゲートの中かも、って最初から思っていたんだけど、はじめに見たときにはいなかったし、人間じゃないと開けられないんです。
いくら賢いワンコの私でも、ムリ。
Kの顔がと〜ってもコワかったし、置いてかれたられたらもっとコワいので、その後はちゃんと後を付いて歩きました。
シーン・コモンは自然の森に近いので、日陰を歩けるから、暑い日には時々そこを歩くんです。


ステラは、関係ないワンって、涼しい顔してたけど、Kが後で、ステラがワタシのことを心配して何度も振り返っていた、って教えてくれました。
生意気だけど、かわいい所もあるのよね〜。






というわけで、ちょっとパニクった、マンディでした!




にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
応援クリックよろしくお願いします