読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

ステラ、初泳ぎ?

ステラの水泳特訓のつづきです。


マンディは、ここぞとばかりに、これ見よがしにスイスイ泳ぎ、ダミーをくわえて離しません。



くやしくないの!ステラ。
と言っても、効き目なし。
しかたなく、マンディをリードにつなぎ、岸近くでわたしがしばらく止めていたけど、マンディはどうにも我慢がならないらしく、くーんくーんとなき続け、そのうち強い力でわたしを振り切ってまた水の中へ。



Hはもっと深いところまで行かなくてはと思ったようで、長靴を脱いで、防水ズボンをはいて水の中に入っています。
普通のコットンパンツがずぶぬれになったら厄介なので、下着一枚で入ると言いだしたのですが、私が防水ズボンを履くように指令を出しました。
周りに人が居るのに、下着でうろうろするのはよくありませんよね。
ただでさえ、ステラのジャケットは人目をひいているのに。


さて、このままでは練習になりません。
そこで、Hは他の方法を考えました。
ステラのジャケットを持ち上げて、少し足が付かない状態を作ってみます。
フムフム

ステラの顔、とっても不安気。

あっ、ちょっといい感じ?



しばたくこうやって、足が付かない状態にした後、いよいよ, いくぞ〜!!

イェ〜ィ!!泳いでる!!

えっ?よく分からない? 拡大します!

ねっ?!
真剣な顔がまた、かわいいですね(馬鹿です)。
ほんの5秒ほどでしたけどね(笑)。犬かきをしたのは確かです。


おめでとう〜!!ステラ!!
この日はこのようにして、3回練習しました。
残念ながら、思わず拍手をしてしまったため、写真は1枚しか撮れませんでした(笑)。
でも、確かに、これでは泳いだうちには入らないかも、ですね。
マンディのようになるまでには先が長いかもしれませんが、気長にがんばります。


帰り支度をしていたら、近くでわたしたちの様子を見ていた女性が、話しかけてきました。
どうやら彼女も、犬がライフジャケットを付けているのを見たのは初めてのようでした。
また、フラットという犬種を知らなかったとのことで、細くてかっこいい、としきりに誉めてくれました。
他の犬を連れていた飼い主さんたちも、ニコニコしてステラの練習を見ていました。


それから、Little Pond の周りをぐるっと一周して、駐車場に戻ることに。
池を取り巻く森の景色は、というと、......。




どうやら山火事があったようですね。
うちに帰ってからググってみたら、ちょうど一年前だそうです。恐いですね。
Hは、戦争で焼け野原、ってこんな感じかな、と言っていました。


ちょっと遅れたわたしを、心配そうに振り返るステラ。

このあとは、40分ほどで、駐車場にもどりました。
途中に、もっと長〜いビーチがあり、家族連れがいくつもテントなどを張って楽しんでいました。
つりをしている人も。
あっ、と思ったときにはマンディが、またも、そのテントのあたりをうろうろしだしたので(食べ物を求めて)、急いで連れ戻しました。
ステラはちゃんと私の横にいました。
やっぱり、ステラは偉いね。泳げなくても、おりこうさんです。
それにしても、マンディは分かっていてやっています。
マンディにはマンディの問題があります。
困ったものです。




にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
応援クリックよろしくお願いします