読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

絵の具を混ぜるのは大変

お絵かき

昨日は木曜日、午後からお絵かきのクラスでした。
油絵の初心者はわたしだけ、みなさん、慣れたものです。
今回は同じモデルの女性を描くのに3週間あったのですが、わたしは1週目はドローングと構図、先週は都合でお休み、それで、今週初めて油の絵の具をキャンパスにのせました。
1回3時間(正味2時間半)のクラスなので、わたしは途中までしかできませんでした。


初心者のわたしですから、まったくもって、なにをどうするのか、よく分かりません。
先生が気が付いて、パレットに絵の具を置く時の置き方などを説明してくれました。
そして、色の作り方。
全部で7色の絵の具を買うようにいわれていたので、それはそろえていきましたが、そうすると、肌の色、髪の色、服の色など、すべて、7つの絵の具のなかからいくつか選び、それらをパレットの上でコネコネして自分で作り出す必要があります。
これが、かなり時間がかかる。
これも、パレットナイフを使って、先生がやって見せてくれたので、なるほど、感覚がつかめましたが、どのように混ぜればどんな色ができるのかは分からないので、自分でウチで本を見たり実際にやってみたりして、少し学習したほうがいいようです。
同じクラスの日本人の方は、日本でも油絵のクラスを取っていたそうですが、日本ではそのまま使えるいろんな色が沢山出ていたので、あまりコネコネしなかったそうです。


最後に、出来上がりをみんなで見て、先生がコメントをいろいろと。






さて、したの写真の左がわたしの絵です。もちろん、ウソ(笑)。
わたしの前で描いていた、マダーム風の女性の作品です。
私も10年やったら、こんなふうに描けるようになるでしょうか??

途中までしかできていない、右の小さな絵がわたしのです。
こんなものですが、初作品なので、記念に載せておきます。
先生はこれに日付を付けて、とっておくようにと。
半年後にとりだして見てみると面白いそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
応援クリックよろしくお願いします