読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

なでしこ ありがとう!銀メダル編

遅れての更新になりますが、なでしこの決勝戦、行ってまいりました!
Yさん(Yさんのブログはココ)と、日本の旗を持って、ガンガン振ってきましたよ。
考えてみたら、こんなに日の丸を振ったのは、このオリンピックが初めてかもしれません。
今回は、USAが対戦相手。


駅を出て、スタジアムに向かいます。
準決勝のときよりも、すでに人が多いのが分かります。

この、アメリカンファミリー。みんな顔がそっくり!お父さんとお母さんまで似ていませんか。


セキュリティチェック。女性には、女性の警備員が対応。その後、中に入り、バッグの中身のチェック。
とはいえ、バッグを開けた瞬間、中身も見ないで、はい、先へ進んで!と。

外を見ると、駅からの道はほとんど人で埋まっています。

つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。長いです。)
応援クリック、ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
(以下、つづきです)


中で、試合前にちょっと食べたり、飲んだり。
ビールは、もちろん、いただきましたよ。この日は暑かったし。
半パイントのつもりだったけど、生は1パイント単位でしか売っていない(ホントに!)ので、またも、1パイント。


さて、中に入ると、あれれ、すでに選手たちは登場していました。
(こういうところって、始まるよ〜って、ベルが鳴るわけではないんですね。それか、聞こえなかったかな?)
君が代にはぎりぎり間に合いました。
[f:id:ManSteflat:20120811210124j:image:w550]
見渡すと、わあ〜、今回は空席がほとんど目立ちません。
なんでも8万人以上、入ったそうです。
[f:id:ManSteflat:20120811210123j:image:w550]
日本の旗も目立っています。
[f:id:ManSteflat:20120811210122j:image:w550]
[f:id:ManSteflat:20120811210121j:image:w550]
いよいよキックオフですね。
日本の選手たちは、丸くなって、最後の確認中? アメリカ勢は、もう、それぞれのことをしています。
[f:id:ManSteflat:20120811210120j:image:w550]
そして、試合が始まり....。
試合の経過などは、テレビなどでご存知だと思います。


[f:id:ManSteflat:20120811230127j:image:w550]
ニッポン!もUSAも、どちらも応援がすごかった!
わたしも大声を出しすぎて、前半の半分くらいから喉がヒリヒリしてきました。
お互いにゴールが決まりそうで、ほんのわずかにそれてしまったことが何度もあって、本当にハラハラ、ドキドキ、応援にも体力が要ります。
[f:id:ManSteflat:20120811230126j:image:w550]
15分の休憩中。
[f:id:ManSteflat:20120811230125j:image:w550]
[f:id:ManSteflat:20120811230124j:image:w550]
この写真の男の子、わたしの前を通るとき、しっかりこっちを見て、ニッコリ。自分のかわいさをアピール。
こういう顔をしたら、敵のおばさんもホロリとくると、ふんだのか??
さすが、アメリカ男の予備軍だと感心。


後半の始まり。一致団結のなでしこ。
[f:id:ManSteflat:20120811233752j:image:w550]
しばらくたって、ふと空を見上げると、いつの間にか、暗くなっています。
[f:id:ManSteflat:20120811233751j:image:w550]
2点差になり、こちらは焦ってきます。
そんなプレッシャーの中、相手のゴール前で横にこぼれたボールをすかさず大儀見選手がネットの中へ!ゴーーーール!!!
もう、日本応援団は大興奮!!
わたしも旗を振り回していたので、周りの写真を撮る心のゆとりはなし。
でも、アメリカはやっぱり強かった。すでに2点入れてましたからね。
追いつけませんでした。


試合終了。やっぱり丸くなっているなでしこ。
[f:id:ManSteflat:20120812002053j:image:w550]


大きなスクリーンに映し出された二人。
[f:id:ManSteflat:20120812002521j:image:w550]
切ないですね〜。
[f:id:ManSteflat:20120812002520j:image:w550]


アメリカチームは大きい子が多いし、がっしりしてるし、(背が高い分)走りが速い。
スタミナもど〜っさりありそう。
そんな大女たちを負かしたり、互角に戦ったりできるなでしこって、心底すごい!
技と精神力と、チームワークのすばらしさ。


引き続き、表彰式。
選手の入場。前半が日本チームです。
[f:id:ManSteflat:20120812003659j:image:w550]
同日、日中にフランスと銅メダルをめぐって対戦し、勝利したカナダもコベントリーから、この式のために駆けつけました。
うれしそう。
3位とはいえ、最後の試合には勝ったんですからね。
[f:id:ManSteflat:20120812003658j:image:w550]
笑顔が戻っていました。よかった。
[f:id:ManSteflat:20120812011020j:image:w550]
[f:id:ManSteflat:20120812011019j:image:w550]
[f:id:ManSteflat:20120812011018j:image:w550]
ハラハラドキドの連続で、試合中ふと横を見たら、ちょっと涙目になっているときもあったYさん.....。
でも、最後にはさわやかな選手のみなさんの笑顔が見れて、Yさんもわたしも、とても満足した気分になりました。


考えたら、4強のうち、フランスだけがメダル無し。
辛いでしょうね。
日本対フランス戦のときの、後半のフランスの猛攻撃を思い出すと、もし、フランスが優勝していたとしても、わたしはそんなに驚きません。
フランスも強かった〜。
カナダも日本と同じグループで、最初に対戦したとき、強くてびっくりしました。
4強のうち、どのチームが優勝していてもおかしくないかも、と、素人のわたしは思います。


なでしこのみなさん、銀メダルおめでとうございます!
オリンピックの会場で、素晴らしい試合を見せてくれて、ありがとうございました。
これからも、がんばって〜!


それにしても、女子は反則がずっと少ないし、フェアプレイで、安心して見ていられますよね。


さて、全て終了。帰りは行きより大変です。
ノロノロと、駅への道を少しずつ進みます。
なぜか、Yさんとわたしの周りはアメリカ人だらけ。
Yさんと、もう、アメリカにいるような気分だね、と同意。
発音だけが違うだけじゃなくて、集団になると、イギリス人とかなり違った雰囲気をかもし出すんですよね。
大きな声では言えないけど、大きくて、明るくて、ちょっとうるさい。それと、男性の声がなんだか甲高い。ジョージ・クルーニーは例外なのか?


この日もお馬さんに乗ったおまわりさんが、交通整理をしていましたよ。
[f:id:ManSteflat:20120812013200j:image:w550]
駅へと入って行く人たち。
[f:id:ManSteflat:20120812013159j:image:w550]
でも、なぜか、電車は混みこみではありませんでした。
家に着いたのは午前零時。
マン&ステ、特に、ステラは狂喜乱舞でわたしに飛びつき、腕に引っ掻き傷を作ってくれました。