読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

鹿だらけの公園、グォ〜〜〜!!

お散歩

今日、いつもの公園へ行ってみたら、もう、門を入ってからすぐ、あちこちで鹿がお食事中なのが見えました。
あ〜、こんなにたくさん.......。



もう9月も下旬。
そうです、鹿さんたちの恋の季節が始まったのです。
とにかく、まず、音でその季節を感じる次第です。
そう、牡鹿の、雄たけび!
すごいですよ〜!
グォーーーーーーーー!グォーーーーーッ!と。
初めて聞いたときには、いったい、ここはジュラシックパーク?って、思ったくらいでしたから。
そして、大きな角を誇った牡鹿が、まさしく角を突き合わせて、雌鹿をめぐり、対決するのでした。
いや〜、すごい!

この立派な牡鹿は、これだけの奥さんを引き連れているんでしょうか??
アラブの富豪も真っ青ですね。


つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)
応援クリック、ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
(以下、つづきです)
[f:id:ManSteflat:20120928035044j:image:w800]
で、困るのは、犬の散歩に来ているわたしたち。
なにしろ、盛りのついた牡鹿は、気が立っています。
犬が(ときには人でも)下手に近づくと、襲われかねないのです。
いつもあたりを見回して、茂みの中に鹿の角が隠れていないか、チェックが必要です。
春先には、小鹿を守る母鹿に注意、そして、秋には大きな角を持った牡鹿が恐い。
こちらは、切羽詰った様子はありませんが。
[f:id:ManSteflat:20120928034146j:image:w550]


ステラはもともと用心深いので、こういうときはわたしのすぐそばを歩いています。
[f:id:ManSteflat:20120928035354j:image:w550]
マンディさんも、事情は分かっているみたいで、あまり遠くには行かないで、楽しんでいらっしゃいます。
[f:id:ManSteflat:20120928040358j:image:w550]
[f:id:ManSteflat:20120928040357j:image:w550]
ばったり、鉢合わせにならないように、注意したいものです。