読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

コッツウォルズの村と丘 その2

コッツウォルズにはいろんな村がありますが、木曜日は、Stanway、Stanton、Snowhillそして Broadway へ行きました。
写真をならべてみます。
この日は霧がかかっていました。





(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)
応援クリック、ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
(以下、つづきです)
[f:id:ManSteflat:20121120041102j:image:h550]
[f:id:ManSteflat:20121120041101j:image:w550]
[f:id:ManSteflat:20121120041100j:image:w550]
[f:id:ManSteflat:20121120041222j:image:w550]
[f:id:ManSteflat:20121120041221j:image:w550]
[f:id:ManSteflat:20121120041220j:image:w550]
上のSnowhill のきれいな風景、そして、見てください!この、汚くて臭い犬(下)!
そうです、野原でお散歩を楽しんだのはいいけど、なんと、マンディさん、牛のウ○チにゴロスリしてしまったのです。
よりによって、こんなところで!!!
本犬は、何も気にしていない様子なのが、また、しゃくにさわる!!
泳がせようと池を探したけど、あいにく、近くにはないようです。
[f:id:ManSteflat:20121120041219j:image:w550]
そして、またも、おなじみの風景。
地図を片手に道に迷った風のH。はぁ〜。(どいつもこいつも!)
[f:id:ManSteflat:20121120041311j:image:w550]
[f:id:ManSteflat:20121120041310j:image:w550]
ようやく村の中心地にもどったら、おや、目の前にパブがあるではないですか。
そそくさと裏庭を見たら、なんと、水道のホースがありました!
ここで、お茶を飲むことにして、ご主人にことわって、ホースを使わせていただきました。
本当に、ラッキーでした。
マンディは、水が冷たかったと思うけど、うなだれてじっとして洗われていました(笑。
写真を撮り忘れてしまったけど、Snowhill Arms とかいう名前だったような?
ありがたかったです。


Broadway に着いたときには、もう、薄暗くなりかけていたので、車でさっとあたりを回っただけでした。
もう、クリスマス用品を売っているお店がたくさんありました。
こんな時間でも、馬に乗っている人がいましたよ。
[f:id:ManSteflat:20121120041309j:image:w550]


そして、最終日の金曜日。
この日は朝の10時までにコテージを出なくてはいけませんでした。
ばたばたと支度をして、出発し、Bibury という村へ。
この村は、あの、ウィリアム・モリスが「イングランドで一番美しい」と絶賛した村だそうです。
なるほど、村の真ん中を川が流れていて、いい感じ。
雨が降っていたので、写真は撮りませんでしたが。
さて、お昼時になっていたので、近くのパブへ。
駐車場には、観光バスが一台停まっていましたが、パブの中に入ったら、なんと、日本からの観光客の皆さんでした。
これが、そのパブ。
[f:id:ManSteflat:20121120050138j:image:w550]
ここでお昼をすませて、パブの裏側から出ているパブリックパズを歩きました。
この日はいっそう霧が濃くなっていました。
羊がいるところでは、リードを付けました(追いかけちゃったら、大変ですからね)。
[f:id:ManSteflat:20121120051310j:image:w550]
[f:id:ManSteflat:20121120051309j:image:w550]
[f:id:ManSteflat:20121120051308j:image:w550]
[f:id:ManSteflat:20121120051307j:image:w550]
お散歩が終わったら、その足でモーターウェイに乗り、約2時間後に家へ帰りつきました。
応援クリック、ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ