読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

どうして〜?!歩かないネバダちゃんと、止まらないクッキーちゃん

更新が滞ってしまったけど、先週の乗馬レッスン。
Cさんとネバダちゃん。
この日はかなり気温が低く、ネバダちゃんはフリースを着てのご登場。
お世話ががりの人に連れてこられるときから、すでに、ときどき立ち止まって動こうとしなかった、ネバダちゃん。
やっぱり馬も寒いと動きたくないのか?
そして、や・っ・ぱ・り!レッスンが始まってからも、時々立ち止まって動かなくなることが何度か。
そうなると、ムチを使うんですけどね。
ムチには、ちょっとは慣れたと思っていたけど、実はそうではないことが分かりました(ガックリ....)。
Cさんいわく、わたしはネバダちゃんを混乱させていると。
と言うのも、手首をグリップさせなくてはいけないところを、そうできていないらしくて。
上手くグリップできないので、無意識に、手綱を引っぱってるときがあるらしい。
ムチを使いながら手綱を引っ張ったりしたら、止まれの指示と動けの指示を同時に出していることになると。
う〜ん、ネバダちゃんがふてくされていたのは、そのせいか?!
やれやれ、毎回、あれ〜、と思うことが待っています...。
(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)
応援クリック、ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
(以下、つづきです)
そして、Cさんがスクーリングの長〜いムチを手にしただけで、急にきびきび動き出す、ネバダちゃん。
ちゃっかりしてるでしょう?
ライジング・トロットとシッティング・トロットで、20メートル・サークルなど。
前よりはよくなってきているよう。
そのあと、シッティング・トロットでトラックを半周、のこりの半周をウォーク。
それで、アリーナのトラックを何周か回ります。
これも、一応、なんとかできました。
Cさんからも、シッティング・トロットがだいぶ安定してきた、と言われました。


そして、今週の火曜日。
Cさんとクッキーちゃん。
寒かったので、クッキーちゃんも防寒用のコートを着てのご登場。
クッキーちゃんに乗るのはこれで3度目だったかな。
一応、歩いてくれるんだけど、寒いせいか、きびきびとは歩かない(いや、実はわたしの脚がよわいだけ?)。
さらに、トロットを始めようとしても、なかなかわたしの指示だけでは始まらないんですね、これが。
そこで、Cさんが長〜いムチを握ったら、またも、ネバダちゃんと一緒できびきびトロットを始めます(まったく!)
この子は、トロットでとても跳ねる印象があったんだけど、この日はそんなに感じませんでした。
わたしも、少しは激しい揺れのトロットにも慣れてきたのかも。


それと、このクッキーちゃん。
初めて乗ったときには、首(顔)が左に向きがちで、それがひどくなると、時計と反対方向に回っている時に、勝手に後ろ足からどんどんアリーナの内側に入って行きがち(とても変な癖)で、困った覚えが。
今日も1,2度そうなりそうになったんだけど、なんとか自分で元に戻せて、ホッ。
(まあ、わたしにも、コーナーで左手が変に上がる癖があるので、他人(他馬?)のことは言えませんネ、ハイ。)
とりあえず、進歩していないように見えても、すこしは慣れてきているんでしょうね。


....でも、そうやって安心してはいけないのでした。
このクッキーちゃんとわたしの間には、別の新たな問題が。
クッキーちゃんは、ホールト(停止)しようとしても、すぐに止まってくれないで、歩き続けるんです。
Cさんが言うには、そういう時はわたしの脚がクッキーちゃんのお腹に当たっている(触っている)と。
え!?何にもしていないつもりなんだけど、そうなんですか?!
また、知らない間に何かしてしまってるらしい.....。
ネバダちゃんのように、脚をし〜っかり使わないと動かなくなる(=停止は簡単)子もいれば、クッキーちゃんのように、ちょっとでもお腹に脚が触っていると止まってくれない(=歩き出すのは簡単)子もいるようです。
で、ウォーク→シッティング・トロット(短い)→ライジング・トロット→シッティング・トロット(短い)→ウォーク→停止、の、移行の練習を。
特に、停止はすぐにピタッと止まるように、と。
「公園に出たときに、急に近くを自転車が走り抜けそうになったりしたら、すぐに止まらなくてはいけないでしょう?
そういうときのために、一瞬でピタッと止まれるようにするのは、とても大事なんです。」と、Cさん。
なるほど。
ところが、脚を使わないで思いっきり背中を後ろに倒しても、なぜか、歩き続けるクッキーちゃん(笑)。
手綱をかなり強く引っ張っても、気にしないで、すごい力で引っ張って、ぐんぐん歩き続けます。
口が痛くないのか??かなりの鈍感ちゃん?
と思ったら、どうも、まだわたしの脚やかかとがお腹に触ってるらしく、それで、クッキーとしては歩かないではいられないらしい。
クッキーちゃんの場合には、停止の時には極力、脚が馬のお腹に触らないように、かかとを下げて脚を少し前に投げ出すような気持ちでちょうどいいらしいです。
馬によって、いろいろなんですね。


ところで、このネバダちゃんとクッキーちゃん。
どちらも、たまたま、見た目は似てるんですよ。白と黒のブチ模様で。
まぬけなわたしは、一度、ネバダちゃんに乗った後に、間違えて、クッキーちゃんにニンジンをあげていたことがあったんです。
マネージャーのGちゃんに指摘されて、大笑いされたんですけどね。
そのくらい外見は似ていても、中身は全く違うこの2頭。
面白いですね。


写真は、先月、Bushy Park で見かけた乗馬レッスン風景。
[f:id:ManSteflat:20121206064202j:image:w550]
応援クリック、ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ