読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

腰をゆっくり浮かす

話がと〜っても古くなりますが、クリスマス前の最後の乗馬。
Cさんとネバダちゃん。


ネバダちゃん、またも、途中で歩かなくなりました。
わたしのかかとの後ろのあたりに、ムチを当てるように言われて、そうしても、ダメ。
でも、いつものように、Cさんが長いムチを持って近づいてくると、急にイソイソと歩き出します。
まったく〜。
Cさんが近づいて来るだけで、スピードまで速くなっていったりして(ハァ〜)。


Cさん「いま、トロットが速すぎるとおもいませんか?
トロットは、シッティングのときもライジングのときも、一貫して、同じスピードでなくてはいけません。」


はい、でも、どうやって...?


Cさん「遅くなったときは、脚を強めればいいですよね。
速すぎるときにはどうしますか?」


わたし「え〜っと、コブシを少しぎゅっと握ります。」
(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)
応援クリック、ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
(以下、つづきです)
Cさん「そうですネ。でも実は、それ以外にも方法があるんですよ。
腰を浮かすのを少し遅くするんです。」


わたし「えっ?わざとずらすんですか?」
Cさん「そう。いままでは、こちらが馬の上下の動きに合わせて、腰を浮かしたり下ろしたりしてましたね。
これからは、速すぎると思ったら、ライジングのテンポを遅めにして、自分で馬の速さを調節するのです。


はぁ〜、そんな手があったとは!!
今までは、馬の動きに合わせようと、練習してきたわけですが。


で、言われたとおりにやってみたら、確かに、スピードが落ちます。
でも、もちろん、いつもできるわけじゃなく、できるときもある、といった調子です。
下手をすると、スピードが落ちすぎたりするときもあるので、微妙なタイミングが必要なよう。


20メートルサークル。
前よりは、マシになってきてるけど、まだまだ。


移行。
ライジングトロット→シッティングトロット→ウォーク、そして3、4歩歩いた後にすぐにまたトロットを始める練習。
これの繰り返し。
シッティングトロット→ウォークのとき、手綱を引っ張らないで、上体を後ろにそらすだけでいい、と。
それと同時にコブシを握る。
このとき、わたしはバランスを崩して、つい前のめりになりがちで、そうすると、馬が止まってしまうので、なるべく上体が動かないように、注意。
停止から歩き出すときも、コブシを前に出そうとして、一緒に上体も前に出がちになるので、それもいけない。
これからは、手綱をなるべく使わないで舵取りをする練習をしていく、ということです。


さて、レッスンも終わり、ネバダちゃんをアリーナから外に出したら、この日は、
若い女の子ではなく、珍しく、オバサマ風の女性がお迎えに来てくれました。


でも、その女性に手綱を渡しても、ネバダちゃんはわたしから離れたくない様子。


もちろん、わたしが好きなんじゃなくて、ホラ、お仕事したんだから、ニンジンくださいな、と、急になれなれしくなるんですね。
わたしの腕を鼻で突つきます。
ニンジンを持って、あとからネバダちゃんの部屋に行くと、待ってましたとばかりに、鼻をぐいぐい。
ぽりぽりと、美味しそうに食べます。
女性は、ネバダちゃんを大事そうに撫でています。


彼女に、「もしかして、ネバダはあなたの馬ですか?」と聞いたら、
「ううん、違いますよ。でも、彼女はわたしの一番のお気に入り。
わたしは、ネバダのママ、ってとこかしら。」


なるほど。で、結局、この女性は、いったい、何者?
ここでお給料をもらって働いている人には見えないし、やはり、馬のお世話をするボランティアさんなのか?
確かに、ただひたすら馬が好きで、お世話がしたい、と言う人も結構いるようなんですよね。


わたしもちょっとはお世話をしたら、ネバダちゃんも、わたしになつくようになるのかも??
(でも、鞍が重過ぎて持ち上げられない....)


写真は、ちょっと古いけど(真冬の今は、このあたりの草は全部枯れて、茶色になってます)、公園で見かけたお馬さん(の、後姿)。
[f:id:ManSteflat:20121231105821j:image:w500]
応援クリック、ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ