読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

ステラはワクチン、マンディはデキもので、獣医さんへ

健康・病気・怪我

昨日、朝起きたら、右肩から腕にかけて、ズキッと痛みました。
なにしたっけ?と思って、考えてみたら、そうそう、一昨日、マンディとステラを獣医さんへ連れて行ったのでした。
どういうことかと言うと、獣医さんの近所が工事中のため、少し遠くに車を止めて、何百メートルかリード付きで歩いたんです。
で、マンディもステラも、獣医さんに行くときには、異常に興奮してしまい、少しでも早く着きたいらしく、リードを引っぱってくれました。
おかげで、わたしの右肩、腕は筋肉痛に。
....どんな状況でも、リードを引っ張らせてはいけないんですけどね。
2頭いっしょだと、相乗効果もあるみたいです(と、言い訳)。
写真は、お正月に公園で撮ったものです。



さて、受付に挨拶をして、待合室で待っている間。
もう、わさわさ、興奮するマンディと、それにつられるステラ。
周りの人に、愛想を振りまきます。
(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)
その前に、応援クリック、ポチっとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


(以下、つづきです)
そして、K先生が待合室に顔を出して名前を呼んでくださったら、
マンディはなんと、興奮のあまり、そのまま診察室へ突進、ドアの横に立っていたK先生を半分突き飛ばして、中に入ってしまいました!
信じられない!先生に、な〜んてことを!
あわてたわたしは、思わず、駆け寄ろうとして、ステラの足を踏んでしまい、ステラはキャイ〜ンと大きな悲鳴を上げるし(わたしが悪いんだけど)。
もう、大騒ぎ、恥ずかしいです。
とりあえず、なんとか、いっしょに診察室へ。


さて、肝心の診察です。
実は、少し前からマンディの左目の下のまぶた、というか、目とのフチに、小さなデキものがあったのが、気になっていたんです。
それが眼球に接触しているため、目ヤニが出るようになってきてました。
で、獣医さんがおっしゃるには、これは、手術以外に取り除く方法はない、とのこと。
予想はしてたけど、いざ本当にそう言われると、ガックリ。
全身麻酔を使わなくてはならないし。
出ている部分は小さいけど、根はもっと大きい(氷山の一角のようなもの?)ので、下まぶたを逆三角形に切って、根から取り出すのだそうです。
......
顔なので、傷がどれくらい残るのか、気になります。
先生は、もちろん、キズが最小限にしか残らないようにしてくださるそうです。
それに、マンディは犬です。
人間と違って、マンディ自身は、きれいな(?)顔に傷が付いたとか、そんなことで悩んだりしないだろうし...。
本犬は平気なんだから、わたしがあまり気に病んでも仕方がありません。
現に、目の前のマンディは、ワサワサ興奮して、K先生のお顔をペロペロ舐めているではないですか。
それより、このできものが悪いものではないのか、実はそっちの方が心配ですが、それは取り出してからの検査の結果待ちです。
K先生は、これがマブタにできたのではなかったら、そのまましばらく様子を見るだけにしたんだけど、とおっしゃっていたので、これも、あまり心配しなくてもよさそうです(多分)。
下の写真は、雪の日に撮ったときのもの。
[f:id:ManSteflat:20130126120525j:image:w500]
ちょっと拡大してみると、
[f:id:ManSteflat:20130126120524j:image:w300]


さて、ステラは、ワクチン。
今回は3年目なので、5種混合ではなく、レプトスピラのみでした。
(ワクチンの過剰摂取はよくないため、5種混合は3年ごとに打つことになってます)。
まず、注射の前に、先生がステラの触診をして、心音を聴診器で聞いて、としてくださっている間、マンディときたら、「わたしは?わたしは?」と、先生の顔を舐めたり、ステラと先生の間に入ろうとしたり。
ステラはステラで、自分がもともとビビリだったってことを思い出したみたいで、後ずさりしましたが、すぐに観念しました。
そして、注射器が目の前に。
ところが、マンディさん、注射器のことも好きになったみたいで、くんくんと鼻を寄せます。
なんなの!?マンディ!
わたしがちょっと耳の掃除をしようと、耳ドロップを手にしただけで、尻尾を丸めて逃げようとするくせに!
ステラはというと、わたしがおやつを見せてたら、それに目が釘付け。
そのスキに、先生があっという間にステラの首根っこのあたりの皮をつかんで、一瞬で注射。
本犬まったく、なにも気がつかず、無事終了。


帰りも、わたしが支払いなどをしている間に、マンディは、はしゃいでカウンターに手をかけたりしてました。
いつもの受付の女性から、よくおやつをもらっていたので、それを覚えているんですね。
この日は別の人だったので、もらえなかったけど。
来週はここで手術になるとも知らないで、のんきなものです。


マンディ:ジューイさん、たのしかったです!
[f:id:ManSteflat:20130110084004j:image:w500]


(上の写真でも、よく見ると、左目のちいさいポチが分かりますよね。)
[ 覚書 ]
この日の体重
マンディ 30.9 kg (やっぱり減っていなかった)
ステラ 27.15 kg (ステラも、これ以上は太れない)
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ