読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

これも、アート?なら、ウチにもアートが??

ロンドン お絵かき

突然ですが、下の写真は、今週の月曜日にわたしが携帯のカメラで撮ったものです。
窓ガラスの縦の長さは2mほどありました。

ステラ:これは??ナンですか?

ナンですか?って、ステラ、アートですよ、アート。
(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)
その前に、応援クリック、ポチっとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


(以下、つづきです)
上の写真は、今週の頭に、お絵かきクラスのみなさんと、サウスバンクのテイト・モダン([http://www.tate.org.uk/visit/tate-modern:title=Tate Modern])を訪れたときに、撮りました。


3階のカフェからの景色。
[f:id:ManSteflat:20130228095343j:image:w550]
パノラマで。
[f:id:ManSteflat:20130301073804j:image:w550]
そう、相変わらずのお天気。寒い。でも、雨はなんとか、降りませんでした。
ここは、近くに駅がなくて(ひとつあるけど、たいていの人には関係ない地上駅)、アクセスがとても悪い。
わたしは、ウォータールー駅から、冷たい風に吹かれながら、片道25分かけてせっせと歩きましたよ。
でも、対岸のセントラルラインのセントポールズ駅で降りて、ミラニアムブリッジ(写真の右端)を渡るほうが、楽しいです。
お天気がよければ、とても気持ちがいいので。
このギャラリーは、フラッシュを使わなければ写真撮影も可です。


テイト・モダンといえば、マーク・ロスコの部屋。
[f:id:ManSteflat:20130228194131j:image:w250] [f:id:ManSteflat:20130228194130j:image:w250]
[f:id:ManSteflat:20130228194129j:image:w250] [f:id:ManSteflat:20130228194128j:image:w250]
こういう実物が無料で見れる、となると、やはりせっせと歩いて訪れる価値はあるわけですね。


わたしは普段は下の絵のようなものはあまり興味がないのですが、これ(Head 1, Philip Guston)は、なぜか、とても気に入りました。
[f:id:ManSteflat:20130301055401j:image:w330]
この写真では分かりにくいけど、かなり大きいです。
マチスもありました。
[f:id:ManSteflat:20130301070515j:image:w330]
当然ですが、本物はこの写真よりず〜っと、きれいな色です。


たくさんの絵以外にも、映像を流している部屋や、オブジェを展示している部屋などがあります。
で、最初の写真は、4階の[http://www.tate.org.uk/context-comment/video/tateshots-pedro-cabrita-reis:title=Pedro Cabrita Reis] の部屋の壁に貼り付けてあったあった作品です。
そして、斜め前には、もっと大きなものが。
[f:id:ManSteflat:20130228234613j:image:w550]


....、う〜ん、マンディさん、どう思います?
マンディ:zzzzzz.....
[f:id:ManSteflat:20130301074757j:image:w550]
あ、寝ちゃってるし。
では、最後にわたしの作品を(かなり強引 笑)。
[f:id:ManSteflat:20130301075103j:image:w750]
(注:1日10ポンドで実物貸出しいたします。)
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ