読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

落ち着いて+なめらかに〜!

お天気のいい日の写真とそのときのお散歩の様子をアップしたら、皮肉なことに、その翌日から、急にいつもの天気に逆戻り。
BBCのお天気情報でも、伝統的なイギリスの夏、要するに、ちょっと肌寒くてじめじめが続く夏に逆戻り、と言ってました。
今日も朝から、ひんやり、どんよりです。


全然知らない犬の写真ですが、UKアジリティ競技会のときに撮ったもの。
ステラもいつかこんな風に跳べる日が来るか??!

(なにしろ、自分がやってるところの写真が撮れないのですよね、当たり前だけど。)


さて、昨日のアジリティ。
前半、Lさんと。
ジャンプ2つ+2列のウィーブ+ジャンプ5つ(なんとなく、楕円形だけど、なんとなく、いろんな方角に向けてある、というもの)。
その前に、応援クリック、ポチっとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
(以下、つづきです)
後半のジャンプでは、フロントクロスがひとつ入ります。
これはまあ、何とかできたんだけど。


その後、同じコースにプラスして、ウィーブに戻り、最後にジャンプ2つ。
で、ステラが地面をクンクンし始めたので、これはいけない、と、注意を引くために、名前を呼びながら思わず、アワアワと手をあちこちに振ってしまって。
そんなわたしを見て、あきれてしまったLさん。
「落ち着いて、落ち着いて!(ため息)
ステラは、あなたが何をしてほしいと思ってるのか、ちっとも分からないのよ、そんなんじゃ〜。
あのね、そんな風にワサワサ腕を振り回してはダメ!
身体の動きは絶対にスムーズに、ね!!」
と言いながら、Lさんは、動きのお手本をゆっくりと見せてくれたんですが、うん?、この動き、どこかで見たような.....。
そうだ、太極拳!?
特にフロントクロスのときの、手と足の動き。
ほら!
[f:id:ManSteflat:20130612234319j:image:w250]
...と思ったけど、やっぱり、ちょっと違うかな?
それはともかく、スムーズな身体の動きが必要なんですね〜。
わたしの場合、ブチブチと動きが切れ切れなのが、自分でも分かります。


そして、そのあと、腕をスムーズに動かすように心がけたら、ナント、ゆっくりめだけど、本当に、しっかり走りながら跳んでくれました。
やっぱり、わたしが悪いんだと、またも納得。


後半は、Dさんと。
ジャンプ+Aフレーム+ジャンプ6つ+ドッグウォーク+ジャンプ。
タッチは練習のかいあって、よくできました。
でも、ジャンプを自信なさ気に、全く勢いなく、よっこらしょと跳ぶステラ。
そこで、Dさんに、トリートを見せながら、興奮させて跳んでみて、と言われて、そうしたら、あら、シッポを振りながら、ちゃんと跳ぶではないですか!
レッスンの直前に焼いたフリーレンジのチキンですからね〜、実は、出来上がりをはさみで切りながら、思わずつまんでしまったけど、とても美味しかったのでした。
そして、チキンに釣られて、いつもは躊躇するドッグウォークもニコニコしながらスイスイと!
あまりトリートを使いすぎるのもよくないかな、と思ってたけど、走ってくれないことには始まりませんからね。
トリートで急に元気が出るステラさん。
[f:id:ManSteflat:20130613011036j:image:w550]


ところで、先週の水曜日、Epsom Down の近くでアジリティのプライベートレッスンを30分だけ、ためしに受けてみました。
ネットで探したインストラクターさんに連絡を取って、アレンジ。
ちなみに、30分で15ポンドと、お財布に優しいお値段。
インストラクターは、若くて明るくてソフトな女性の、Cさん。
たくさん褒めてもらえるし、人見知り気味のステラも、Cさんのことはすぐに好きになった様子。いいゾ!
そして、プライベートなので、周りにガウガウとうるさい犬がいなかったのがよかったのか
わ〜い、ステラさん、なんと、楽しそうに、笑顔で走ってるではないですか。
ジャンプ+トンネル+ジャンプを4つ+最後に台の上でお座り、という、簡単なコース。
ジャンプを跳んだ後に台の上に乗る練習をしたんだけど、台の上で、褒められて、とても誇らしげな顔をしてました。
ホラ、できますよ、って。
褒めたらますます得意げに胸を張ってます。
ステラって、もともとお座りのときの姿勢がとてもいいんですよね。
背筋がピンとしてて(ははは、飼い主バカです)。


注意事項としては、ジャンプのときは、わたしは横を走らないで、ステラを先に走らせるように、とのこと。
そういえば、いつものクラスのLさんも、犬を前方にプッシュして、とよく言ってます。
そして、たくさん褒めること。


家から車で50分近くかかって、通うのが大変だけど、これからも月に2回ほど、お願いしたいです。
ついでに、せっかくなので、マンディも30分参加することにして、2頭で1時間で、お願いしようかな。
マンディさん、わたしがステラだけを連れて出るとき、とても悲しそうな顔をして玄関で見送るので、ちょっとかわいそうなのもあります。
それに、マンディの方が勢いがあって、アジリティに合ってるような気がするし。

マンディ:らいしゅうは、ワタシもいっしょに行きますか?
[f:id:ManSteflat:20130417071636j:image:w550]
そんな、ジトッとした顔をしなくても....。ハイ、多分。


実は、今週のクラスのレッスンで、ちょっと困ったこと(というか、わたしがもっと注意してたら防げたこと)が起こってしまったんです。
自分たちの順番が終わって、最後のジャンプの近く(といっても、10メートル以上離れてた)にそのまま立っていたんですが。
最後のジャンプのあたりは、クリアにしておかなくてはいけない、と前に言われたのを忘れてて。
例の、マズルをはめた、ちょっとアグレッションが見られる、ホワイトGシェパードが最後のジャンプを跳び越えたあと。
そのまま、勢いを付けてダッシュしてきて、ぼんやり横を向いて座っていたステラに激突!!!
何しろ大きい子なので、衝撃が...。
しかも、ガウガウ言いながら首の辺りをちょっと押さえつけました(冷汗
お母さんに怒鳴られてすぐに止めたけど、マズルをしてなかったら、噛んでたかも。
おもわず、キャンと悲鳴を上げるステラ。
すぐに平静をよそおっていた(?)けど、そのあと、しばらく、ますますしょぼくれてました.....。
シェパードも悪気はなかったんだろうけど、走っていたら前に他の犬がいて、つい、脅かしてやるか、って気持ちになったんだと思います。
たいしたことなくすんだからよかったんだけど、なにしろ、ステラは気弱というか繊細なので。
あ〜、まったく、あんなところに立っていたわたしが不注意でしたね。
そのシェパードはステラのことが気に入っていたようだったので、気を許してたこともあるけど。
今度から気をつけなくては。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ