読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

タテガミはつかむためにある?

今日、日曜日も、昨日に引き続き、真夏日。
ウィンブルドン・コモンに着いたのは、10時ちょっと前で、もうすでに、太陽がぎらぎら。
もっと早く来なければいけなかった。
気温は23、4度くらいだったけど、直射日光が当たると、じりじりと暑いんです。
わっ、マンディさん、暑さで、さらに膨張?!???

いえいえ、この子はマンディではありません(笑
マンディよりも、ずっと大きくて、毛も長い子でした。

携帯で撮った写真だけど、暑さが伝わってきますよね?
直射日光は、ダークな毛皮を着てるマンディとステラには、ちょっときつい。
なので、なるべく、木陰を選んで軽くジョギングしたり、歩いたり。
こちら、本物のマンディ。


(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)
その前に、応援クリック、ポチっとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
(以下、つづきです)
お馬さんも暑い中、歩いてました。
すぐ下の写真は、お母さんと小学生の娘さんかな?
写真では分かりにくいけど、お母さんは、娘さんの馬に繋がれたロープを握っていたよう。
[f:id:ManSteflat:20130714224809j:image:w500]
木陰のなかにも。
[f:id:ManSteflat:20130714224808j:image:w500]


話は突然変わって、先週のわたしの乗馬のレッスンでのこと。
インストラクターはJさん。馬はシエナちゃん。


いつもどおり、ウォークから、トロット。
この日は、なぜか、肩をもっと後ろへと、何度も注意を受けました。
知らないうちに前傾気味になってるらしい。
先月はネバダちゃんだけだったけど、身体をもっと後ろへとは注意されなかったんですが。


それはともかく、シッティング・トロットも安定してきたので、じゃあ、キャンターってことで。
コーナーで外側の足を後ろに引いて、軽くぽんとたたくと、始めてくれます。
が、シエナちゃんのキャンターはわりとハネハネで、しかも小柄だから、テンポが速い。
で、機敏さがなくなってきてるわたしは、シエナちゃんに付いていけなくて、オシリがはねてサドルに当たってしまい、長くは続かない、というわけです(多分)。
でも、もう、ほとんど揺れの恐怖感はなくなってきたし、リラックスしてできてきてるかな〜、もう少し慣れたら平気になるだろう、なんて思っていた矢先。


トロット中、シエナちゃんが急にトラックをそれて、ビュ〜ンと小またで走り出すではないですか!!?
な、な、なに〜??!
右に左に、身体をクネクネするし(横で見てたわけじゃないけど、そう感じた)、少しジャンプしたりして。
あわわ〜、また、落ちるのか〜!!!
(注:去年の9月に、シエナちゃんが大音響におびえて、同じような状態になり、そのときは、あっさりと落馬してしまったのでした。)
実際に、左半身がかなりずり落ちてたし、もしかして、このままズリッと落ちてしまった方がラク?という思いも、頭をもたげたのですが。
でも、まっすぐに走ってるのならともかく、こんなに、変わった動きをしてるんじゃ、もしかして、身体を踏まれちゃうかも?
...と思い直し、目の前に見えたタテガミを左手でガシッとわしづかみし、右腕で首に抱きついたら、なんとか、落ちないで、そのままの体勢を維持できて。
ふ〜っ、シエナちゃんも落ちついたのか、止まってくれました。
この間、わずか7,8秒もなかったと思いますが、とても長く感じましたよ〜。


で、なぜ、こんなことになったのかというと...。
このアリーナの横には、乗馬学校とは関係ない平屋の建物があり、その建物のドアがバタンと大きな音を立てて、開いたからだったらしいんです。
わたしは、シエナちゃんは恐がりだから、それに反応してしまったんだ、と思ったんだけど。
Jさんは、「いいえ、シエナは、大げさに恐がってるんです。
そうやって、仕事しなくてもいい理由をさがしてるのよ
」と。
え??!
シエナちゃんは、本当に心底恐がってるのかと思ってたけど、実は、半分わざとやってる??
馬って、そんな、犬(例:知能犯マンディ)みたいなことをするんでしょうか??
う〜ん、わたしには本当に恐がってるように思えたけど、Jさんのほうがわたしより馬のことには詳しいはずだし。
とにかく、2度目の落馬は、こうしてまぬがれたのでした。
そのあとも、シエナちゃんもわたしも、なにも恐がることなく、普通にキャンターの練習などができました。


終わってから、いつものように、ニンジンをあげながら、
「で、実はどうなの?わざと、大げさに恐がってみたりしたわけ?」と、聞いてみたけど、シエナちゃんはニンジンに夢中で、なにも答えてくれませんでした(笑
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ