読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

スネイクとシーソー

このところ、アジリティの記事を書いていませんでしたが、旅行の週をのぞいては、一応毎週、クラスに出てました。
ステラ:ちゃんと、れんしゅーしてます!

まあね。
でも、上達してるかどうかは、???なわけですが。
ステラ:えっ?!

コースの途中で立ち止まって、地面をクンクンするのはダレ??
ステラ:今日から、そんなこと、しませんよ〜

(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)
その前に、応援クリック、ポチっとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
(以下、つづきです)
わぁ〜、だらけた顔。
誰も信じてくれないかも...。


目新しいところでは、先々週は、ジャンプ(ハードル)のスネイクというのをやりました。
そう、ハードルが、犬がクネクネと蛇行して進まなくてはならないように、並べてあるんです。
これは、犬の大きさや速さによって、犬を先に行かせてプッシュしたり、逆にハンドラーが先に走ったりするんですが。
ステラは大型犬だけど、ノロちゃんなので、インストラクターのLさんに、わたしが先に走るように言い渡されました。
そして、またも、途中でどう動けばいいのか、分からなくなる、困ったハンドラー。
Lさんに修正してもらって、なんとかできました。
プッシュとか、プルとか(押したり引いたり)、ちょっと本でも買って、少しお勉強した方がいいですね、やっぱり。


先週は、Dさんのときに、シーソーの練習も。
他の子は、勢いよく走り抜けて、シーソーが降りるのを待たないで、そのまま高いところから飛び降りたりして、NG→やり直し。
なぜ、あんなに勢いよく走れるんでしょうね。
恐くないのが不思議。
こういう子の場合、コンタクトをしっかりさせなければいけないようです。


さて、ステラはご存知のように、ビビリなので、まず、シーソーの上に乗せるまでが大変。
変に乗っかって、落ちたりしたら、もう、トラウマになって、2度と乗ってくれないかも...、
....などと、わたしが下手な心配をするのが、また、よくないらしく。
リラックス、リラックス。
ええ、分かってるんですけどね、わたしも心配性のところがあって。
わたしがシーソーの横に立って、サポート。
オヤツを見せたら、ひょこっと乗ったので、そのままオヤツでつって、ゆっくり移動。
Dさんが、シーソーの両端の下に台を置いておいてくれたので、地面までバタンと落ちることなく、なんとか、恐がらずにやってくれました。
端まで降りてきたら、オヤツ攻め。ほめまくり。
シーソーも時間をかけたら、なんとかクリアできそうかな。
ステラ:ワタシは、ホントは、ちゃんとできるんですよぉ。
[f:id:ManSteflat:20130721222750j:image:w400]
う〜ん、その自信はドコから来るのか?
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ