読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

連れて帰りたいお馬さん(でも、どこへ、笑)

またも、あっという間に1週間が過ぎてしまいました。
マンディもステラも元気です。

ステラは相変わらず、ほわ毛でフラッフィーコーテッド・レトリーバーのままですが....。
本犬はあまり気にしてない様子。
多少はよくなってきたような気もするのですが(気のせいかも)。


やはり、土曜日はステラのアジリティのクラスの後、家を見に行きました。
前回書きましたが、引っ越しのために、家を探してるのです。


物件を同じ地域で2軒見た後、2軒目の家の通りの裏に丘があるらしいので、お散歩もかねてみんなで上ってみようと言うことに。
そして、木立に入って、ふと前を見ると、うん?.....なにやら、素敵な予感?!
お〜、この先に、牧場が待ってるような様子。
ちょっと歩くと、やはり、あちこちに、いかにもパドックっぽい、草原が。
そうです、丘に登って見下ろすと、草原にぽつぽつと、馬が草をはみはみしてるのが見えました。


ここは、ロンドンのウォータールー駅まで電車で30分もかからないのですが、住宅地の裏に、急にこんなオープンスペースがあるとは。
しかも、馬があちこちに!


丘を降りていくと、ほらほら、こんな感じです。

(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)
その前に、下のバナー(↓↓↓)のどれかひとつを、ポチっとクリックしていただけると、うれしいです

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
(以下、つづきです)小道をどんどん降りていくと、しばらくして、家が並んでる通りに着きました。
[f:id:ManSteflat:20140322140527j:image:w550]
この、左端の家の人は、キッチンのドアを開けると、すぐに馬がいる景色があるんですね。
あ、ニオイがダメな人は住めないでしょうけど。


そして、この家の反対側には、やはり、馬を預かってくれるステイブルがありました。
(あとで、ネットで調べてみたら、ジャンプやフラットワーク、クロスカントリーなどの設備も充実しているよう。)
この道をずっと歩いていくと、しばらくしたら舗装した道に突き当たり、ヴィレッジセンターも遠くはなさそうでした。


そこから、車を停めているところに引き返そうとしたら。
途中で、この子が、こっちをじっと見てるではないですか?
[f:id:ManSteflat:20140322142125j:image:w550]
わぁ〜、人懐っこい子だ、と思い近づいていくと、
何を思ったか、ステラがワンワンと吠え、それにつられてマンディまで。
急いで止めたらすぐに止めたけど、お馬さんの方は逃げないで、まだ、じっとこちらを見てます。
なにやら、お話ししたいに違いない、と、近づいてみました。
携帯のカメラをむけると、ちょっと恥ずかしそう??
[f:id:ManSteflat:20140322142208j:image:w550]
か、かわいい....。
たてがみが途中から、ゴールドに。
しばらく話しかけてみて、慣れてきたら、ポーズを取ってくれました。
[f:id:ManSteflat:20140322142239j:image:w550]
か、かっこいい!!
いつもこの辺りにいるのかな。
また、会えたらいいんだけど、と思いながら、バイバイしました。


肝心の家のほうですが、....来週に期待します。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ