読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

ちょっとだけ、ふぁ〜っと、浮き上がった気分

乗馬

先週の乗馬のレッスン。いいお天気だけど、気温は6度とやや低め。
いつものS乗馬学校。外馬場。ティンバーくんと、Cさん。


またも、一緒に撮ってみました。



この日のティンバーは、朝方冷え込んだためか、身体がちょっと硬め。
ウォーミングアップを少し長めに。
ティムくんの場合、トロットがはねはね気味なので、キャンターの前のシッティングトロットのときわたしのおしりがぽんぽん跳ねがちだけど、そのときに、逆におしりを鞍にぐぃっと押し込むようにすると、キャンターがスムーズに始められます。
Cさんに以前教わって以来、そうするようにしたら、出だしが楽になったのでした。


ウォミングアップの後は、ポールを3本平行に並べて、その上をライトシートでトロット。
そして、キャンターで。
キャンターのときは、時々、トロットに戻ってしまいます。
Cさんによると、わたしの脚の扶助がライトシートのときに、止まってしまうことがあるらしい。
う〜ん、そうなのか〜、って、気がついてないのも、問題。
(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)


(以下、つづきです)
とりあえず、気をつけて、足をクリックし、ぐいっとお腹を押すようにしたら、なんとかキャンターを続けられました。


さて、つぎは、いよいよ、ジャンプのマネごとです。
2本のポールをXにかけあわせて、地面から、40cm弱ほど持ち上げます。
その真ん中を、飛ぶのです。
飛ぶと言っても、最初はトロット。
トロットの場合、単に、気持ちリズムが変わるくらいで、地面に置かれたポールの上を行くのと、大して違いはありません。
なにしろ、馬の足は長いので、跳び上がる必要はないわけで。
少し大股になって、トロットする感じ。


そして、いよいよ、キャンターで。
いくら低いバーとはいえ、キャンターの場合、やはり、”飛び越える”のですよ!
ドキドキ。
ところが、1回目は、リズムをくずしてしまって、ティムくんは脚がちょこまかしてしまい、変に飛び上がり、がっくんと着地。
お〜っとっと〜、と揺れたけど、大丈夫です。
わたしが緊張して、なにか、変なことをしたに違いありません。


再度挑戦。
今度は、バーの前で早めにライトシートを始めて、よし、ジャンプだ!
お〜、ふぁ〜っと、飛んだ雰囲気。
うん、これは、空中に浮かんだ感覚がありました(ちょっとだけど)。
ただ、その直後に、おしりに鞍がパタンと当たってしまって。
その後の回もそう。


Cさんは、ティムくんの後脚がまだ地面に着地しないうちに、わたしがおしりをおろしてしまう(ライトシートを止めてしまう)からだと。
なるほど。
わたしとしては、もう、馬の後脚は地面についているとばかり思っていたけど、じつはまだ、空中だったんですね。
意外と、長く空中にいるのね。馬の胴は長いのです。
しかも、自分としては、まだ多少はライトシートでおしりを持ち上げてるつもりだったのに、実は、持ち上げ方が足りなかった?
考えたら、馬のおしりもふぁ〜っと上がってるわけだから、降りる頃には、逆に、今までよりもさらに、自分のお尻を持ち上げる必要がありかも?
オッケー、と言うわけで、飛んだと思ったあとも、おおげさに、おしりを持ち上げ続けたら、それでちょうど良かったようです。
また、時々、飛ぶ直前にトロットにもどってしまったことがあったけど、やはり脚が弱いのが問題。
でも、とりあえず、ジャンプの感覚はつかめました。


Cさんいわく、これが基本だから、あとはバーがどれだけ高くなっても、やることは同じです。
練習して行けば、高いのも飛べるようになりますよ、と。
いや、わたしの場合、そんなに簡単ではないと思いますが.....、
でも、今日、初めて、ほんの少しだけど飛んでみて、とても楽しかったです。
ふぁ〜ん、と、空中に上がった感じ(注:ほんの少しだけ)が、とても、ワクワク感をかきたてますです。
もうちょっと、やってみたい。
ティムくん、小さい身体なのに、わたしを乗せてジャンプしてくれて、ありがとう!!


レッスンが終わり、ティムくんを部屋に戻したあと、ふと見ると、ちょっとだけコートに泥がついてたので、ブラシでゴシゴシして取りました。
この日はたまたま、近くに学校の道具箱が置いてあったので。
外馬場の一部がほんの少しだけ濡れてたからか、足の裏にもすこし泥が付いてたので、それも専門の金具(名前知らない)でお掃除。
わたしの手でティムくんの足を持ち上げようとすると、よく分かっていて、ひょいっと上げて足の裏を見せてくれます。
春ですね〜、ティムくんは、冬のコートが抜け始めています。



翌朝起きたら、あれれ、おしりがちょっとひりっとして、脚もかなり凝っていました。
でも、前回よりは、脚はマシだったかな。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ