読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

サマータイムになりました

先週末からサマータイムに突入したマンステ地方です。
日本との時差は8時間。
夜、日が長くなるのはいいのですが、1時間、早く起きるはめに。


土曜日の朝、ウチの猫のひたいよりも狭いと言われている前庭の小さな桜がいきなり満開になり、ビックリ。
金曜日に、ああ、もう、つぼみが付いてきたかな、と思ったら、一晩で?!


本当に、とっても小さい木です。

土曜日は、大風が吹きまくって、雨も降っていたにもかかわらず、しぶとく生き残ってくれました。
この種の桜は、長く楽しめます。


その、土曜日。いつものアジリティに行ってきました。
最初の1時間はマンディ。
ジャンプとトンネル、ドッグウォークのコース。だんだん、少し長くなってきましたよ。
マンディは、なかなか、調子がよくて、わたしに付いて、ちゃんとコースをこなしてくれました。
まあ、わたしの手の中のオヤツが目当てなんだけど、それだけではないような感じ。
やる気が出たのかな?
La さんからも、「あなたとマンディも、チームらしくなってきたわね!」と、言われ、ちょっといい気分。
ただ、年なので(←マンディが!)、他の子が最後のジャンプのあとにやったウィーブ6本はやらなくてもいい、と。
(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)


(以下、つづきです)
そういえば、先月の獣医さんでの検査で、背中にとても軽いけど、関節炎が多少ある、と言われたこともあり、もう、ウィーブはあまりしないほうがいいのかな、と思っていたところでした。


めずらしく、La さんにも怒られない注意されないで、それどころか、ちょっとほめられて、気をよくしたのですが。
やっぱり、それだけでは、すまなかったのでした.....。
コースを走り終わったマンディは、20メートルほど離れたところにある小さなテーブルの上に置いてあったマフィンを、丸ごとひとつ、パクッと!!!食べてしまったらしいのです。
らしいのです、というのは、走り終えたわたしは、リードを探してちょっとだけウロウロしてて、見てなかった!
同じクラスの、若い女性が、「あ〜〜〜!マ、マンディが、食べちゃった!」と、教えてくれて。
焦って近くに行ったときには、もう、食べたあとでした....。
わたしに見つからないうちにと、急いで飲み込んだらしい。
その日の夕方のご飯は、少し少なめにしておきましたよ、もちろん。


マンディ:エ?そうだったんですか?どうりで、おなかがすくとおもった。

すくわけないでしょ?!食べ過ぎなのに。


そして、ステラ。
いつもの、のんびりモード。のんびりどころか、スタートの合図を出しても、動かない....。
ところが、急にそわそわしだしたかと思うと、いきなり、みんなが見ている前で、ウ○チをしだすではないですか!!
は、はずかし〜
そして、相変わらず、コースが覚えられなくて、立ち止まってしまう、わたし
は、はずかし〜


でも、クラスのみなさんは、やさしい人が多くて。
スタート地点で、ステラが動かないで、じっと座ってると、
「ステラはね、レディなのよ、レディはジャンプなんて跳ばないものね〜。
ゴージャスだわ〜。見て、あの、優雅な動き。」などと、ほほえみながら見てくれてます。
(う〜ん、レディは公衆の面前で、ウ○チはしないと思うが)


確かに、あの、ステップは、アジと言うよりは、レッド・カーペットの上を歩いてる雰囲気。
だって、全然、走ってない!!
早歩き?速くて、ノロノロのトロット。


あ、でも、そもそも、その原因はわたしにあるんですよね、実は。
わたしが、コースを忘れたらどうしよう、って、緊張しすぎるので、その緊張がステラに伝わり、ステラも、なんとなく不安になって、のびのびできないんじゃないのかな??
あ〜、結局は、ここに行き着くのです....。


ステラ:ワタシはじょーずなのに.....

ん?


今週から、平日の夕方に時間が変わるのですが、これを機会に、すこし簡単なクラスにステラとわたしを移してもらうことにしました。
でも、先生は、同じLeさんを希望しましたよ、もちろん。
ステラは、Le さんのおかげで、だいぶよくなってきた(どこが?!って、いやがらないで車から出るようになったし、シッポもよく振ってる、という、低次元のレベルの話だけど)ので、このまま同じ先生にお世話になった方がいいという判断で。
それに何と言っても、シーソーもできるようになったし!!
Le さんには、今のクラスで絶対に大丈夫、と説得されたのですが、う〜ん、急にコースを覚えられるようにはならないと思うし、そもそも、飛び級してしまったから、最初から無理があったんですよね。
というわけで、ステラは今週から、新しいクラスです。
また、ようすをご報告します。





実は、わたしがコースが覚えられなくて困ると、Le さんに打ち明けたら(打ち明けなくてもご存知だったとは思うけど(笑))、「全然、問題ないですよ、わたしも最初はそうでした、時間がかかるんです。 一番大事なことは、あなたとステラが楽しんでやれるかどうか、です。これは、あなたの仕事じゃないんだし。タダの趣味なんだから、ね?」と。他の人も、うんうん、とうなずいてくれました。まさに、その通りですよね。
でも、まあ、ちょっと簡単なクラスで、コースを覚える自信もつけてから、また、このクラスに戻ってきます、と言いました。その方が、あとあと、楽しめるだろうしね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ