読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

その犬ヒート中だろ!とすごんでくるオヤジ

お散歩 事件

今日から4月です。早いですね。
最近、毎月がすぎていくのも早いけど、1週間がとても早くて。
と思ってたら、どうも、1日も早いような気がする。
何もしないうちに、1日終わりってことが!


学生のころ、ある先生が、「子供の頃は1日がとても長い、1週間も長いし、1年なんて永遠に長いような感覚があったものだけど、大人になると、それが、どんどん短くなって行く。
これは、単に感覚的なものじゃなくて、明らかに、なにか、時間というものの特別な操作があるにちがいありません。」と、言ってたけど。
なるほど、それが、このところ特に、実感できるようになりました。


ところで、昨日は朝から、ものすごい強風でした。
太陽が出てたので暖かかったのですが、とにかく、ビュ〜ンビュ〜ンという音をともなう風で、庭の植木鉢もいくつか吹き飛ばされて倒れてました。
それでも、お散歩をサボルわけにはいかないので、いつもの公園へ出かけました。
整備はしてあるとは思うけど、念のため、高い木立は避けて(木の枝が落ちてこないとも限らないので)、おもに広い野原で遊びました。
マンディもステラも、なぜか、風が好きなんですよね。
うれしそうです。




(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)


(以下、つづきです)




これは、先週のことだけど、すれ違った若いラブのブルーくんに興味津々(しんしん)のマンディ。

マンディさん、このところ、前よりもさらに、若くて元気なオス犬に感心があるみたいで。
だだっと、走り寄って、クンクンしたりして。しっぽブンブン。
なんだか、この若いブルーくん、ちょっと、引いてませんか?
ブルーくんは、どちらかと言うと、ステラの方が好み(悲

こうやって、少し遊んだりして、飼い主さんに連れられてそのままバイバイできる場合には、問題ないんだけど。


おととい、公園で会ってしまったオジさんは、かなり不愉快な人でした。
この人が連れていた、ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバーという、カナダが原産の小柄なレトリーバーは、マンディとステラの魅力(主にステラ、笑)に惑わされてしまったようで。
そのトーラー(この犬種の愛称)くん、反対方向に歩くわたしたちに、つきまとって、付いてきてしまいました。
しかも、ステラにセクハラまがい。


ところが、おっさんは、かなり離れてしまってから、やっと、こっちを見てるけど、犬を呼ばない!
どうして!!?
ちょっとだけ、笛らしき音が聞こえたけど、トーラーくんは、完全に無視。
ステラに夢中のようす。
これはいかん、と、わたしが反対方向へ行くように追い返そうとしても、気にしないで、付いてきます。
公園の門が近くなってきたので、仕方なく、そこで立ち止まってると、おっさんが苦々しくやってきました。


そして、案の定、こういうときに、オス犬の飼い主がよく言うセリフが、やはりおっさんの口から出てきます。
「その犬、ヒート中だろ?」
出た〜、と思いながらも、
わたし「この犬は、避妊手術をしてあるんだけど」


ここで、たいていのまともな人は、「あ、そうなんだ。」と言いながら、自分の犬を捕まえて、すごすごとその場から立ち去ろうとします。
そうしたら、わたしも、「まだ、いいニオイがするのかもね〜」などと言って、それで終わるんだけど。


このおっさん、憎しみを振りしぼるような顔で、
「(自分の)犬は、あんたの犬がヒート中のような行動を取ってるじゃないか!!」と。
たしかに、そのトーラーくんは、ステラにマウントしたがってます。
それだったら、黙って見てないで、さっさと、止めろ〜!!
と言いたかったのをがまんして、
「あのね、その子は5才、こっち(マンディ)は、もうすぐ9才。
どちらも、何年も前に避妊手術してあるの!
あんたね、わたしに文句を言うすじあいはないでしょ!
まったくもって、ナイスではない!!!」と、怒ってやりました。


ここで、このくらい言っておかないと、あとで、ムカつきが収まりませんからね。
それに、黙ってると、ますます悪態をつくようなヤツだったので。
このところ、無礼なオーブンの配達人や、やるきのないプラマーにイライラしたことはあったけど、切れるほどではありませんでした。
今回は何が怒りを増進させたのかと言うと、そのおっさんの、憎しみまるだしの表情と、口調です。
わたしは、わざわざ、おっさんが来るまで、立ち止まって待ってたのに、そのお返しが、怒りむき出しの顔ですか?


まあ、もしかしたら、このおっさん、きっと、他にイヤなことがあって、最初からムシャクシャしてたのかも。
たまたま、当たってしまったわたしたちが、運が悪かったと思うことにしておきます。
そういえば、いままでも、似たようなことが、ありました。
まあ、そうじゃない人の方が、ずっと多いんだけど。


ステラ:ワタシのミリキのために、イヤなことになっちゃったね、へへへ〜。

ミリキじゃなくて、ミリョク(魅力)って、言いたいのかな?


マンディ:あの〜、ワタシまだ、8才なんだけど。それに、こんなことでおこっちゃダメ、大人げないんだから....

あ、ゴメン、ゴメン。
これからも、楽しくお散歩しようね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ