読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

手綱も忘れないで!

さて、乗馬の記録を。
おとといも、その前の週も、相方は、ラブリーなティンバーくん。イントラさんはCさん。





まず、前の週はというと、その日はイースターホリデー中で小学校がお休みのため、子供たちのポニー・デイのまっただなか。
外馬場は子供たちが使っているため、同じ時間にセミプライベートレッスンを取ってるフタリの女性と、室内馬場(20mX40m)をシェアすることに。


同じクラスなら、同じ方向に向かったり、順番にやったりするのであまり問題ないんだけど、この場合は、イントラさんが2人いて、それぞれ違うことをするため、他の2頭のお馬さんと鉢合わせにならないように、気をつけないといけません。
基本は、左手と左手ですれ違う(=左回りの人に優先権がある)+右回りでも、キャンターをやってる場合にはその人に優先権がある、です。
2人の女性は、わたしと違って長年乗ってる方々だし、お互いに気をつけてたんだけど、ちょっとひやっとした瞬間が。


キャンターをやってて、コーナーから小さい円を描こうとしたら、あ!いつのまにか、目の前に、アイビーちゃんがいるではないですか!
鼻先が付きそうだったけど、アイビーもティンバーも、とても穏やかなので、難なくすれ違い、大事に至らず、ほっ。
アイビー:ひどい目にあいました....

(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)


(以下、つづきです)
あ〜、ゴメンね、アイビーちゃん。いつもラブリーでいてくれて、ありがとう。
常に、進行方向をよく見なきゃ行けないけど、この日は、ますます、それが必要でした。
そうすると、それに気が取られて、今度は普段できてることが、できなくなったりして。
なかなか、難しいものです。


ひさびさに、鐙(あぶみ)を上げて、シッティング・トロット。
すると、ティムが、どうしたことか、また急にキャンターを始めてしまった。
ティムくんは、舞い上ってしまうタイプなのです(←って、馬のせいにしてはいけない?)。
なんとか落ち着かせて、トロットに戻したものの。
これまた、もう少しで、前をトロットしてたアイビーちゃんのおしりに、ティムの鼻先が付きそうになって、あせった〜。
アイビーちゃんに乗ってたSさんには、悪いことをしました。
どんな状況でも、馬をちゃんと安心させて、コントロールしなくてはいけないんですけどね。
道は長いです。


さて、おとといは、ひさびさに、ライトシート/ジャンプの練習
この日は、風が強く気温は13度くらいしかなかったけど、太陽が出てて、いいお天気。外馬場で。
先月は、ドレッサージュのテストの準備のため、ライトシートの練習がほとんどできなかったのに、意外にも、足はよくなってるとのCさんのコメント。
ライトシートのときは、脚は普通のときより、少し前に持ってきて、足を内側に押すような感じで、カチッと固定
フラフラ動かさない。クリック、カチッ、と心の中でつぶやく(笑
でも、脚や膝で馬体を挟んではいません。


また、左足はそのままでいいらしいんだけど、右はもう少し前に持ってきて、ふらつかないようにもっと安定させる必要ありとのこと。
え〜、自分では、左右の足は同じ位置にあるように思ってたんだけど、実はちょっと違ってたんですね。


ライトシートの姿勢でトロットやキャンターを練習。
ティムくんの首に手を置いたりしてしまう(バランスを取るため)けど、前よりはそれに頼らなくなってきてる。
最初は、う〜、こんなことできない、と思っても、練習して行くうちに、多少はできるようになるものなんですね。
それと、きっとティムくんだから、うまく行ってる気がする。


ポールを3本、等間隔(1m 弱)に置いて、その上をライトシートでトロット、キャンター。
そして、1本を残したまま、後の2本でバッテンを作って、両端を台に乗せ、少しだけ地面から上げます(クロスバー)。
バッテンの中心部分が一番低くなり、多分、30cm弱くらい。
最後に、台を縦に立てて、同じようにバッテンを作り、40cm弱の高さに。


ティムくんは、左回りが好きで、右は苦手。固くなります。
左が好きなのはいいんだけど、つい、調子にのって(?)早くなりがちなので、スピードを少し落とすように指示を出す。
そして、右まわりのときは、逆に、脚の扶助を強くして、スピードを上げるように。


そういえば、こんなことが。
キャンターでポールを越える直前に、ティムくんがトロットに戻ってしまい、トロットで越えてしまったんです。
どうして?と思ったんだけど、Cさんの説明を聞いて納得。
わたしがティムくんの首に手をついてしまって、その瞬間に手綱がゆるゆるになりすぎて、コンタクトが全然なくなってしまったらしく、ティムくんは???となってしまったようです。
そうだ、足やお尻を上げることに集中しすぎて、手綱のことを忘れがちでした。
いや〜、同時にいろんなことをしなきゃいけない、って、大変ですね、いまさらながら。


いつも、ニンジンには目がない、ペコさん。

その、ドアを足で蹴るの、止めてくれない?


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ