読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

ヒース畑+ため息をついていたギャズちゃん

さて、まだまだ続きます、Exmoor のホリデー(でも、これが最終回かも)。
景色がきれいと書いておきながら、その景色の写真をほとんど載せてませんでした。
木曜日の外乗のあと、海に近いところにお散歩に行ったので、そのときの写真を少し載せます。



このあたりにも、羊さんがあちこちにいましたよ。


マンディさんは、なにやら、うれしそうに遠くを見てます。



さて、翌日の金曜日。
この日は、アリーナで個人レッスンを受けました。
馬は、これまでも乗る機会があったギャズちゃん。
インストラクターは、とても若い女の子 Dちゃん。
個人レッスンということで、今回は、小さめの(20mX40m)アリーナ。

もう、すっかり批評家になってしまった、マンディとステラ。

(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)
その前に、下のバナー(↓↓↓)のどれかひとつを、ポチっとクリックしていただけると、うれしいです

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
(以下、つづきです)
この日のギャズちゃん、ちょっと、難しい子になってました。
あまりやる気なし。
それでも、ウォークは割りと元気よく歩いてくれたんだけど、トロットになると、なんだかノロノロ。
そして、キャンターはなかなか始めてくれない。


Dちゃんは、ギャズはときどきこうなんですよ〜、やる気がない日があるんです、と、ゴメンナサイ・モード。
う〜ん、夏場は忙しかった思うし、おばあちゃん(20才)だし、やる気が出ない日もあるでしょう。
一応、指示通りに動いてくれたし、わたしも脚をよく動かしたから、いい運動になりました。
それに、このアリーナの回りもいい環境で、空気もいいし、楽しかったです。


で、後で、Hが最初の15分ほど撮ってくれたビデオを見てみたんですが。
ガーン、やはり、わたしの乗り方がよくない。
下の写真。ライジング・トロットをしてるところだけど、背中が丸まってますね。
[f:id:ManSteflat:20130914225431j:image:w550]
いつもの学校のJさんだったら、きっと、「肩を後ろに引いて」、って注意されてたでしょう。
下の写真では、腰を浮かせた瞬間のようだけど、あ〜、コンタクトがナイ(手綱がゆるすぎ)!
それに、ヒジが伸びぎみ。
[f:id:ManSteflat:20130914225940j:image:w550]
そういえば、いつもの先生のJさんに、よく、ヒジを曲げて、って言われるけど、腰を浮かす瞬間に、つい、ヒジを伸ばしてしまってるかも。
でもこの写真の場合、そもそも、手綱をもっと短く持つべきですよね。
それに、わたしのせいで(?)馬の頭が上がりすぎ、ってこともあるのか??


以前、Cocosheltie さんとえびしさんに、ビデオに撮って見ると、自分がどう動いてるのかがよく分かって、とても役に立つというアドバイスをいただきましたが、ビデオって、本当に便利ですね。
というわけで、ギャズちゃんのやる気のせいだけにはできないことが判明(笑


それにしても、こうやって写真を見ると、ギャズちゃんは、わたしには少し小柄かもしれないけど、きれいなお馬さんです(素人眼ですが)。
それに、安定感があって、安心して乗りやすい。
でも、ギャズちゃんがこんなことを言ってる写真もあります。
[f:id:ManSteflat:20130915001201j:image:w550]
う〜ん、楽しくなさそう。
今度会うときまでには、もう少しうまくなってるから、そのときまで元気でいてね〜。
ギャズ:期待しないで、待ってるわ...。
[f:id:ManSteflat:20130914184601j:image:w550]
下の写真は、お世話になった乗馬クラブを正面から撮ったもの。
[f:id:ManSteflat:20130914181140j:image:w550]
前にも書いたけど、こちらはスタッフの方もとてもフレンドリーで、馬もアリーナもよく手入れが行き届いていたし、また、この辺りに行くことかあったら、また、ぜひ、お世話になりたいです。
*記録
45分のプライベート・レッスン 25ポンド
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ