読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

わたしのオリンピック JUDO編

月曜日には、Judoの観戦に、会場のExCeL へ出かけました。
そうなんです、あれは日本の国技柔道というよりは、Judo なんですね〜。

子供のころテレビで見た(何十年前の話だ!)柔道の印象とは、かなり違いました。
試合の合間には、ビートの聞いたロック調の音楽がガンガン流れてるし、色彩もカラフル。
勝ったり負けたりしたときの、選手の反応もかなり派手。
サッカーのときのように、審判に食って掛かる人はさすがにいなかったけど。
と言う感想からも分かるように、わたしはJUDOには全く疎くて、何も知らないんですが。
ウェブサイトでの2回目の売り出し時に、あっ!柔道のチケットが出てる!、柔道→日本人→金メダル、と言う単純な図式が頭に飛び込んできて、メダル戦をあわてて買ったのでした。



当日の朝、電車や地下鉄がかなり混むと聞いていたし、ロンドン交通局のサイトでは、1時間4、50分はみておかないと、と言うことだったのに、スイスイと1時間ちょっとで到着。
駅からは、みんなぞろぞろと同じ方向に向かっているし、あちこちに案内のユニフォーム姿の明るいお兄さんお姉さんがいてくれるので、とっても簡単。
会場に入る前に、セキュリティ・チェックがありました。


ふと、横を見ると、ああ、アレはイベント会場のO2ですね。
あの、ロープウェイのようなものは、初めて見ました。

セキュリティチェックは、うわさどおり、空港で搭乗前に受けるものと同じです。
あまり混んでいなかったし、あっさり、通過。


いよいよ会場へ。




会場内。JUDO だけではなく、他にもボクシングなど、いろんな競技が行われていて、通路の両側にはサンドイッチなど軽食を売っているお店があります。
お値段は、もちろん、割高です。普通のサンドウィッチが5ポンド、コーラ1本が2ポンド30ペンスといった、価格設定。
座って食べるところがないので、そのあたりの床に座り込んで食べている人がたくさんいました。


さて、JUDOの会場に入り、自分の席から一枚。

(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ)
応援クリック、ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
(以下、つづきです)


そうこうしているうちに、時間が来て、試合開始。いくつかの試合の後、
松本薫さんが登場しました。相手はフランス人の選手。
[f:id:ManSteflat:20120804204750j:image:w500]
見てください(といっても、ちょっとぶれてますが)!

この気迫に満ちた松本さんと、対照的なちょっと緊張気味のフランスの女の子。
後で知ったんですが、野生児と言うニックネームなんですね。納得。
これは、勝てる、と思いましたが、その通り、しっかり勝ちました。
[f:id:ManSteflat:20120804224154j:image:w500]
会場内はいろんな国の旗が舞っていましたが、やはり、日の丸が目立っていました。
[f:id:ManSteflat:20120804211955j:image:w500]
後で教えてもらったんですが、下の写真の、桃太郎のような、いでたちのおじさま。
オリンピックの日本応援で有名な方なんだそうです。86歳!
そういえば、わたしも以前、テレビで見たことあるような。
[f:id:ManSteflat:20120804211954j:image:w500]


その後、銅メダル戦では、さっきのフランスの選手が勝利。
感極まり、いろんな人と抱き合い喜びいっぱいの彼女を取り巻く報道陣。
[f:id:ManSteflat:20120804211741j:image:w500]
フランスの応援、とても多かったです。
JUDO はフランスでもとても盛んなんだそうです。


そして、いよいよ、松本選手の金メダル戦。
ドスコイ!と気合を入れて飛び上がった後、アリーナに入ります。
やっぱり、カオリちゃん、ちょっとコワイ?!
[f:id:ManSteflat:20120804213417j:image:w500]
上がる歓声!
そして、やりました!ルーマニアの選手を押さえて、見事、金メダル!
イエーィ!
わたしの左隣の2席には、たまたま日本からロンドンに駐在で住んでいる娘さんに会いに来たと言う、60代半ばくらいのご夫婦が。
ご主人は一見、とても温厚そうで静かな方に見えたけど、日本人の試合が始まると、突然大声で声援を始めていました。
「やっつけちまえー!相手に技はないぞー!」
「ネワザだ!いけ、マツモト〜!押さえつけろー」
なら、まだしも、審判が日本のナカヤ選手から(だったかな?)反則を取ったら、
「なんだー!バカヤロー!」
さすがに、バカヤローはちょっと、っと思ったけど、考えたら、日本人以外には分からないわけで。
他の言語の人も、興奮して何を言っているか、分かったものではないですよね。
正直、このご夫婦の隣で、より楽しめました。


そして、いよいよメダル授与、国旗掲揚。
松本選手が、試合前や試合中と打って変わって、とても可愛い笑顔を見せてくれたのが、とても印象的。
[f:id:ManSteflat:20120804232639j:image:w500]


[f:id:ManSteflat:20120804230955j:image:w500]


そして、見てください!
[f:id:ManSteflat:20120804230954j:image:w550]
これが見たかったんです、オリンピック会場で。
外国に住んでいるので、なおさらだったかも。
これも、後で知ったのです(汗)が、柔道も、日本人だからって、メダルが取れるとは限らなかったんですね。
男子の中矢選手もがんばってくれて、銀!
控えめな喜び方が、逆に新鮮でした。
(ごめんなさい、ぶれぶれ写真ばっかりで、これくらいしか載せられません。)
[f:id:ManSteflat:20120804232641j:image:w500]


[f:id:ManSteflat:20120804232640j:image:w500]
(ところで、一番左のモンゴルの選手くん、誰かに似ていませんか?)


男女ともに、メダルが取れた試合が見れて、とてもラッキーでした。
松本さん、中矢くん、おめでとう!
とても、楽しめました。うれしかったです。ありがとう!