読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

迷子になったマンディ

事件 Mandy

ロンドンは今日は朝からどんより、しとしと雨。
最高気温も12度だそうです。


今日は日曜日、H(オット)がひとりでマン&ステの散歩に出かけました。
ところが、2時間半以上経っても、戻ってこない。
おかしいと思って、携帯に電話しても出ません。
変だなと思っていたら、出かけてから3時間ほど経って、私の携帯が鳴り、出てみたら、
見知らぬ男の人の声で、あなたの犬が迷子になっているのをみつけたよ、と言うではないですか!
思わず、「エッ、迷子犬??2匹ですか?」
男の人「いや、黒い犬1匹。シーンゲートの駐車場をうろうろしていたよ。」


迷子札を見て、電話してくれているようです。
わたしは、びっくりして、アワアワしながら、
「多分、わたしのオットが散歩させていて、迷子にしたんだと思います。
これから急いで走ってそこまで行くので、20分弱かかると思うけど、待っていてもらえませんか?」
男の人「あなたのオットは公園内にいるんでしょう?連絡できないの?」
その方が早いかも、と思い、いったん、その電話を切って、Hに電話。
でも、出ない!!
男の人に電話して、やっぱりわたしが行くので、待っていて、とお願いしてみたら、
「ああ、犬はもう、どこかへいっちゃったよ。」
ガーン!捕まえてくれていたんじゃなかったんだ!
こんな雨の日にわざわざ公園に行っているってことは、この人だって、きっと犬の散歩をさせていたに違いないし、リードだって持っていたはず。
待ちたくなかったんでしょうね。
なんて冷たい人だ!とかなりムッとしたけど、考えたら電話してくれただけでもありがたいと思い直し、お礼を言って電話を切ました。
そして、あわててリードをつかんで外へ出ました。
家から公園に行くには表通りの横断歩道を渡らなくてはいけません。
そこを渡って普段なら左に曲がるところを、なんだか予感がして、右に曲がってみたら、えっ!思わず、目を疑いました。
びしょぬれになったマンディが、角から歩道に現れ、尻尾をフリフリこっちへ歩いて来るではないですか!
あわてて呼んで、リードを付けて、怪我をしていないか確認したけど、大丈夫でした。
マンディは自分でも、なにかしでかしたかも、と思っていたようで、ちょっと遠慮がちにしています。
それにしても、自分だけで帰って来ようとしていたんですね。
公園の門からその横断歩道の前まで、私の足で15分くらいかかります。
その間にも車の往来もあるし、表通りを渡る前に発見できて、本当にラッキーでした。


マンディ:しんぱいかけて、ごめんなさい!



(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)
応援クリック、ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
(以下、つづきです)


そして、大バカ、スカピン、ボケナスのHですが....。
わたしがマンディを探しに出かける前にかけた電話に出ない(また!!)ので、これから公園へ出かけることを留守電に残しておきました。
すると、わたしがマンディと帰宅した後で、初めて自宅に電話を入れ、マンディが無事だったと知ると、ノコノコと、ステラと帰って来ました。
で、当然、わたしは、なぜ、もっと早くわたしに電話をしなかったのか、聞きますよね?!
すると、電話しても心配させるだけだから、と。
は???普段2時間ほどで帰ってくるところを、3時間以上も帰ってこなかったら、どうせ心配するんですけど(犬のことを)。
しかも、こっちから電話しても通じないとなったら、ますます!
いや〜、正直、改めて、あきれましたネ。


さらに、わたしがマンディを発見した人から電話をもらったときに、電話しても、出なかった!なぜ?
雨だったから、濡れないように携帯をバッグの奥にしまっていて、聞こえなかったんだそうです。
はぁ〜???何のための携帯ですか〜!?
防水コートの胸のポケットにでも入れて、バイブレーションが入るようにしておけばいいでしょう?!
こういう常識がないというのも、ホントーに、困ったものです。
マンディが無事だったからいいものの、もし車にでもひかれていたらと思うと、ゾッとします。


こういうぼんやりした、間抜けなオジさんには、非常時にどうするか、いちいち教えておかなくてはいけないようです。
1)マンディかステラがいなくなってから、30分たったら、まず、自宅のわたしに電話し、迷子になったことを報告すること。
2)迷子札を見てわたしに電話をしてくれる人がいるかもしれないので、いつでも携帯に出れるように準備。
さらに、それから10分置きに、自宅に電話すること。
以上。簡単ですよね。常識です。


それにしても、マンディは、わたしと6年以上お散歩していますが、一度もいなくなったことはないんです。
だいたい、なぜ、Hのときにいなくなるのか?
記憶力のいい方なら覚えていると思うけど、去年も同じようなことがありました。
あのときHは携帯を家に置き忘れていて(!)連絡が取れなかったのですが、今回は持っていたにもかかわらず、役に立っていない。
使えんの〜〜〜!!!何も学んでいない。
はあ〜、とにかく、こういう人と一緒に、仕事だけはしたくないです。


マンディよ、とりあえず、今回は無事でよかった〜。長生きしてね。
[f:id:ManSteflat:20120924041015j:image:w550]
写真は、Mさんと一緒のマンディ。