読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

笑ってる場合じゃない!

さて、土曜日の朝はアジリティでした。
今回は新しいワンちゃんが参加で、クラスは6頭に。


最初に、初めての道具の導入。
ロングジャンプというんでしょうか?
高く、ではなく、長くジャンプするもの。
(その場で写真を撮らなかったので、ちょっと借りてきました。)

こんな感じの道具で、まずは、板が2列だけ並べてありました。
ハンドラーは反対側に立ち、犬を呼び、犬はピョンと飛び越えます。
これは、みんなできました。
そして、ロングジャンプ+普通のジャンプをひとつ。


次は、ウィーブもどき。
2列に並べてあるウィーブの間を走り抜けます。
これは、ステラもなんとかできました。


(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)
その前に、応援クリック、ポチっとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


(以下、つづきです)
それから、真ん中で曲げてあるトンネル+ジャンプ3つ。
このトンネルが苦手な子もいるけど、ステラはビビリの割りに、トンネルは平気です。
きっと、夏に、ファンアジリティで、練習して、慣れてたからかな。
トンネルはいいんだけど、その後ジャンプに行くとき、ときどき、ジャンプを跳ばないで、わたしの後ろを付いて来ます。
振り返ると、ステラがいるべきところにいない!と思ったら、わたしのすぐ後ろを、ひょこひょこと。
あ〜、そうじゃなくて、と戻って、跳ぶように仕向けると、ゆっくりだけど、跳んでくれるのですが、全然楽しそうじゃない.....(泣)。


そして、ステラ(というか、わたしが?!)が落ちこぼれの、ウォークもどき。
練習用に、本物のウォークよりもずっと低く板を置いてあるものの上を歩いて、最後に、「タッチ」。
ちょっと分かりにくいけど、ウォークと、ウォークの練習用のもどきの写真を載せておきます。
[f:id:ManSteflat:20130129093156j:image:w550]
ステラと、スパニエルちゃんだけが、リード付きで練習。
他の子は、インストラクターさんが片側で犬を放すと、反対側にいるハンドラーのお母さんの方へ、板の上を走り抜けて行きます。
ステラは、途中で板を降りて、地面を走ってわたし方へ来ようとするんですよね。
それで、インストラクターさんが、リードを持って板の上を進むように、いっしょに走ってくれました。
3回目には、途中でリードを放されても、一応、ちゃんと板の上を走ってきました(イェーイ! って、こんなことで喜んでいて、いいのでしょうか?)
ただ、先週は家であまり「タッチ」の練習をしなかったためか、ちょっと忘れかけてた様子。
しばらくして、少し思い出したようだけど。
やはり、家できちんと練習しないといけませんね。
写真はガウガウのエリーちゃんがやるところ。ガウガウでも、上手にできるんですよ。
[f:id:ManSteflat:20130129093226j:image:w550]


わたしが特に注意されたのは、地面に降りちゃったステラをもう一度、板に乗せるとき、リードを持って、自分を中心にステラをぐるっと回らせて、しかもやさしく言葉をかけながら、乗せるようにと。
無理やり押したりしないように(そのつもりはないんだけど、知らないうちにやってるのかな?)。
それと、どうも、わたしは、ちょっと深刻な顔をしてるのかも。
にこやかに、にこやかに。優しい声で犬を褒めたおす!


最後に、インストラクターさんが、
「犬を誘導する腕は、飛行機じゃないんだから、まっすぐぴーんとしなくてもいいんですよ。
滑らかに、犬が通る道を指差してください。
ボウリングでも投げるような気持ちで。
それから、腕を後ろに伸ばしすぎないで。」と、
悪い例の見本で、腕を後ろに伸ばしたら、みんなが、あはは〜、っと笑います。
わたしも、調子に乗って笑ってたら、
「あなた(わたしのこと)は特に、そうなりがちだから、気をつけてね。」
どひゃ〜、わたしのために言っていたのか〜!
笑ってる場合じゃない!
なるほど、言われてみたら、そうしているような気がする....(やはり、言われるまで気がつかない!)。
あ〜、なるほど〜、だから、ステラはわたしの後ろを付いて来がちなのかもしれません。
ステラはわたしの指を見ながら走ってるだけなのかも?
う〜ん、気をつけなくては(と思っても、すぐに、また同じ間違いをするんだけど)。


ところで、ガウガウ吠えるエリーちゃん、最近は自分のクラスの子にはたまにしか吠えなくなりました。
ステラのことも、もう、慣れたようです。
ただ、他のクラスの子には、まだまだ威嚇してます(マンディにもやっぱりガウガウと吠えます)。
[f:id:ManSteflat:20130129095210j:image:w550]
こうやって、いつも、まわりを見渡して、警戒している様子。
でも、人間には吠えかかったりはしません(人間に吠えてたら、きっとクラスには入れないだろうけど)。
目を見ると、前よりずっと穏やかになったように思います。
隣にいるのは、唯一の男の子、アーチーくん。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ