読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

ハウス・ハンティングと、落ちつき過ぎのステラ

このところ、急に気温が上がって、とても春らしくなってきた、マン&ステ地方です。
もう3月も半ばですものね。
この冬は雨や暴風になやまされたこともあり、太陽が出て春めいてくるだけで、ありがたい気持ちになります。
写真は、いつもの公園で、オヤツを使って座らせたところ。

背景に、鹿が2頭います。


さて、マン&ステ家では、昨年から(いや、その前の年からだったか)ずっと引っ越しを考えて、家を探しています。
イギリスでは、基本的に、すでに出来上がっていて誰かが住んでいた家を買うのが一般的です。
何しろレンガでできてますからね、長持ちするようですよ。
ビクトリア女王時代やエドワード王時代の建物は普通にあちこちにあるし、1920年代、30年代のものも多いです。
(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)
その前に、下のバナー(↓↓↓)のどれかひとつを、ポチっとクリックしていただけると、うれしいです

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
(以下、つづきです)
ただ、最近は、特にロンドンやその近郊は住宅不足が深刻なこともあり、新築の家もよく見かけるようになりました。
新築とはいえ、日本の場合とは違って、自分で間取りなどを決めるのではなく、すでに、完成してる家が売りに出てます。
もちろん、引っ越したあと、自分が好きなように改築や増築はできるのですが、お役所に申請して許可を得ないけなくて、却下される場合もあります。


この話をしだすと長くなるのでここで止めておきますが、そんなこんなで、このところ、毎週土曜日は午前中にアジリティのレッスンを受けた後(ちゃんと行ってますよ)、午後から家を2軒ほど見に行っています。
今回の引っ越し先候補は(実は広範囲なのですが)、アジの会場からあまり遠くないので、便利です。
わたしとステラがアジのクラスに出てる間、Hとマンディは近くの大きな公園でお散歩。
レッスンが終わったら、その公園のカフェのある駐車場で合流し、目的地へ向かうというわけです。


それにしても、特にロンドンのあたりでは、家の価格の上昇が止まらない、と言われて久しいですが、最近、さらに拍車がかかったようです。
ネットなどで売りに出てる値段を見ていても、1年前、2年前と比べたら、ウソでしょ!と言いたくなるくらいの上昇率。
なので、もたもたしてたら、ますます高くなってしまうし、一刻も早く決めたいところなんですが、いまのところ、コレ!って物件には出会ってません。
もう、わたしも、ネットでの家探しが日々の日課となってしまい、つい没頭してしまったりすると、意外と時間が取られるのです。


さて、今週のアジリティのクラスでは、前半はLさんと、ウィーブの練習を中心にした、ややこしいコースの練習。
ジャンプを2つ跳んで、1列になったけど、まだVの字に傾いてるウィーブを通り、その先の4つのジャンプを跳びます。
しかも、ややこしく、Uターンして戻るようになってました。
その間にトンネルに入ったりして、最後に、またウィーブ(これは2列)を。
そして、Lさんに言われたんだけど、ステラは2列のよりも、1列のV字の方が得意なようで、思いのほか、簡単に走り抜けてくれます。


ところで、わたしは複雑なコースが覚えられないんだけど、どうやら(というか、当然かもしれないけど)Lさんはわたしが覚えが悪いことに気がついてるようで。
わたしのときには、割と近くに立って、わたしが分かんなくなると、「今度はそのジャンプとその先のよ」と指差してくれます。
他の人のときにはあまり必要ないみたい....
まあ、前よりは多少は迷わなくなってるので、このまま少しずつマシになっていくだろうと期待(?)してます。


ステラ:ワタシはじょーずなのに、ハンドラーがへたっぴなんです〜
[f:id:ManSteflat:20140315113758j:image:w600]
......
ハンドラーは確かに下手だけど、ステラも上手とは言えないんじゃない?
後半のDさんとのとき、スタートしようとしても、座ったまま動かなかったのはダレ?
他の子は、ゴーをかけるまで待ちきれなくてつい動いてしまってやり直しなのに、ステラは動かなくて、もっと興奮させましょう、になってしまうのでした。
落ち着き過ぎ....
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ