読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

ドレッサージュの初テスト!BD PRELIMINARY 18

乗馬

こちらでは、一昨日からイースターホリデーに入ってます。
そして、金曜日、グッド・フライデーには、S乗馬学校で、校内のドレッサージュのテストがありました。
テストとはいえ、校内のリラックスしたものだし、合否はないし、Just for Fun!と言われて、やってみることに。
乗馬に関するテストは、これが初めてです。
今回のお相手は、第一希望のディブくん。

(この日は写真を撮らなかったので、この写真はちょっと前のファイルから)
ティムくんと、どっちを第一希望にするか、迷ったんだけど、今回はキャンターがとてもスムーズなディブリーでお願いしてみました。


内容は簡単なもの(←わたしには簡単ではないけど)で、長い手綱で対角線上に進むウォークのほか、トロットで蛇乗り3湾曲、キャンターは20メートルサークルなどの基本の組み合わせ。
Leg Yeald (ななめ横歩き?)などのちょっと高度な技は、入ってません。


内容は、British Dressage という団体が作ったテストの中の、2002 PRELIMINARY 18 というものです。
もらったプリントの写真を載せておきます(きれいじゃなくて、ごめんなさい)。

(写真をクリックすると拡大します)
時間的には、5分くらい。
(つづきは、下の、続きを読む、からどうぞ。)


(以下、つづきです)
各項目がちゃんとできるかだけではなくて、ほかにも、全体的に、ペースだとか、ライダーのポジション、馬のやる気や服従性などが問われるようです。
ジャッジは、少し前までこの学校でインストラクターをしてた女性だそうですが、わたしは初対面でした。


わたしとしては、短い距離(M→C→H)のうちに、キャンター→トロット→ウォークと移行していくところが、難しいと思いました。
スムーズでビッタリとした位置での移行が求められるんだけど、特にキャンターからトロットへが、おっとっと〜となってしまうときがあって。
あとは、キャンターで円を描いた後に、今度は、コーナーに入り込んでから曲がって進まなきゃ行けないんだけど、これが、勢いで、つい、コーナーをカットしてしまうんですね。
コースを覚えるのは、問題ありません(犬のアジで鍛えられた?)。また、本番では、大声でコースを読んでくれる人がいるのです。
今回は、ラッキーなことに、わたしのイントラさんのCさんが、そのコールをしてくれました。


さすがに、当日の朝早くになんとなく目が覚めて、夢うつろの中で、コースを反芻(はんすう)していました。
やはり、無意識のうちにも、気にしていたんですね。


そして、本番の30分ほど前に外馬場に入り、ウォーミングアップしたあと、室内馬場の外で前の人が終わるのを待ちます。
すぐ目の前には、パドックが広がっていて、遠くでお馬さんがのんびり草をハミハミしていたり。
ここで気分を落ち着けてるうちに、扉が開き、わたしの前の人が出てきて、いよいよわたしの番です。
さすがに中に入ると緊張しますが、わたしは最初から4番目で、まだ、ギャラリー(観客席)にもあまり人がいなくて、それはよかったです。
後半になると、観客が増えてきて、それも緊張を高める要素になるかも。


ジャッジは、Cの文字の前に置かれたテーブルの前に座っていて、横には、ジャッジが言ったことをそのまま結果のシートに書き取るスタッフのひとりが一緒に座ってます。
し〜ん、ひんやりですが、幸い、コールがワタシのイントラのCさんだったので、ちょっと緊張が和らぎました。
Cさんに言われていた通り、中に入ったら、馬場の中を軽くトロットしながら、呼ばれるのを待ちます。
ベルが短く鳴って、わたしの名前が呼ばれ、いよいよ、始まり。


Aから入り、予定通りCに向かってトロットを始めたのですが、なぜか(緊張してたのか?)途中で、ディブくんが止まってしまい(あ〜)、数歩歩いてしまったものの、すぐにトロットにもどして、続けました。
後は、緊張してたためか、あまり覚えていないのですが(笑)、特に大失敗もなく、キャンターもさすがディブくんってことで、思っていたように始められて、5分はあっという間に過ぎました。
キャンターのサークルのあとは、やっぱりコーナーをカットしてしまったし、移行もトロットになってから、バランスを少し崩して一瞬ウォークに戻ってしまい、あ〜、やってしまった〜と思ったんだけど、後で結果のシートを見ても、特になにも指摘されていませんでした。
ジャッジはひとりだし、ちょうど見てなかったのかも?


長くなってきたので、続きは、明日にしますね。
写真は、この学校のオフィスでいつもちょろちょろしてる、子猫ちゃんのひとり。
前の週に撮ったもの。
この日は、校内が少しあわただしいからか、見かけませんでした。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へにほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ