読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ManSteflat Diary

フラットコーテッド・レトリーバーのマンディとステラが、イギリスの野原を駆けめぐる。お馬さんも出てきますよ。

甘えっこバーニー (Barney)

ステラの兄弟のひとり、バーニー (Barney) のファミリーが写真を送ってくださいました。

ナチュラル・ルックを保っているんですよ、とメールに書いてありました。
ちょっと、お耳の毛がナチュラルすぎるかも(笑)。
それにしても、やさしそうな、人(犬?)のよさそうなお顔ですね。
ダディのトムさんによると、「バーニーには、僕も妻も本当に満足しています。思っていた以上に、愛情深くてよい子に育ちました。悪いところは?と聞かれても、全く思いつきません」とのこと。


トムさんのお宅では、バーニーが3頭目のワンだそうです。
バーニーを迎える前に2年間犬が居ない時期があったそうですが、それはその前の犬を末期ガンのため安楽死させたことがとてもショックで、2度とこんな悲しい思いをしたくないから犬はもう飼わないと決めたからだとのこと。
でも、ご夫婦揃っての大の犬好き。だんだん、ワンのいる生活が恋しくなってきます。
で、2年前にもう一度ワンのいる暮らしをと、子犬を探し始めたそうです。


前の犬は他の犬種で、家族にはとても忠実だったけど、外の人にはワンワン吠えたり、ちょっと攻撃的な態度を見せたりして、気の弱いお客さんを恐がらせていたそうです。
仕事柄、来客が比較的多いらしく、今回は人が大好きな犬種、フラットコートにしようと決めたそう。
そして、バーニーはきちんと期待に応え、来る人来る人に愛嬌を振りまき、愛されているようです。


バーニーには去年の4月、まだ5ヶ月のころ、リッチモンドパークで再会しました。
まさに天真らんまん、トムさんにナデナデされて、とても喜んでいる顔が印象的でした。
でれっとしてます。甘えっこ、丸出しですね(笑)。






にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
応援クリックよろしくお願いします